「震災復興・防災」の記事一覧(2 / 3ページ)

新たな命の防波堤、仙台の東部復興道路とは何か?

東部復興道路の工事が2015年度から本格化   東日本大震災において、仙台港から阿武隈川河口まで続く長い海岸線に押し寄せた津波は、仙台平野に侵入した後、海岸から3km程のところに海岸線と平行して通る、10メート・・・

震災からの復旧を目指す、貞山運河の誕生秘話とその歴史

津波で破壊された貞山運河 貞山運河は阿武隈河口から名取川、七北田川、塩竈湾を結ぶ32.5kmの運河です。 仙台藩主である伊達政宗公の時代から約300年間に渡って開削と維持が続けられてきた運河で、非常に長い歴史がありますが・・・

語り継がれる多賀城の「末の松山」と津波の歴史

津波の言い伝えが残る多賀城の末の松山 今回記事に取り上げる末の松山とは、現在の宮城県多賀城市周辺にあたる地域で、多賀城市八幡にその史跡があります。 この末の松山とはJR多賀城駅からは約10分程の位置にあり、かつてこの辺り・・・

東日本大震災体験談その3 3/12電気復旧までの道のり

東日本大震災の体験談3  3/12の仙台市中心部 管理人自身が体験した東日本大震災後の生活についての体験談、今回は3/12(土)の私の行動である、仙台市中心部への食料の買い出しと街中での情報収集について書いていきます。。・・・

東日本大震災体験談その2 コンビニの行列と電気の無い夜

東日本大震災の体験談2 自宅の被災状況と片付け 管理人自身が体験した東日本大震災の体験談、その2です。(前回:その1 仙台のビルで体験した大地震 3.11昼) 今回は自宅の被災状況と食糧の買い出し、そして3.11の夜の話・・・

サブコンテンツ