9月末まで!仙台イービーンズにコールドストーンアイスキャンディがオープン

コールドストーン アイスキャンディの店舗がイービーンズに期間限定オープン

9/1に、仙台駅前のイービーンズにコールドストーン アイスキャンディの期間限定店舗がオープンしました。

場所は2階入り口にあり、元々8月末までアーケードの仙台・ハピナ名掛丁商店街に出店されていた店舗が好評により移転・再オープンした形となっています。 (営業時間は11時~19時)

今回は、このコールドストーン アイスキャンディの紹介と、管理人が (仙台・イービンズでは無いですが) 実際にアイスをいくつか買ってきましたので、そのレポートを掲載します。

スポンサーリンク

コールドストーン アイスキャンディとは

コールドストーン アイスキャンディとは、米国のコールド・ストーン・クリーマリー社が展開するアイスのブランド「コールド・ストーン・クリーマリー」から生まれた、日本で展開されている夏季限定のアイスキャンディです。

なお、コールド・ストーン・クリーマリーは、オーダー後にアイスクリームとトッピングをお客さんの前で混ぜ合わせ、オリジナルのアイスクリームを提供するという形態のお店です。

トッピングの種類が豊富なその場で作るオリジナリティ、そして高級感があるという特徴のアイスですが、コールドストーン アイスキャンディは、この特徴を受け継ぎつつ、あらかじめ決まったトッピングのアイスをメニューから選ぶというスタイルになっています。

コールドストーン アイスキャンディ・メニュー表

メニュー表

コールドストーン アイスキャンディのメニュー表は、店舗で配っているチラシに載っています。

ここから更にメニューが追加される予定のようですが、私が行ったときは、写真のような計12種のメニューとなっていました。

・中にフルーツと果汁を閉じ込めてアイスにした「ジェラート」(各280円・6種類)

・アイスクリームをチョコレートでコーティングした「アイスクリーム」(各380円・3種類)

・アイスにホイップクリームやフルーツが載ったショートケーキ風のアイス「プレミアム」(各480円・3種類)

これらのアイスの値段ですが、メニューを見ると、やはり「高い」と感じてしまいます。
高級アイスの代名詞・ハーゲンダッツはスーパーなどで大体280円〜300円くらいで買えるので、それと比べても高級感があります。

しかし、以前仙台パルコにあったコールド・ストーン・クリーマリーの店舗では、一番安くても500円からのメニューでしたし、2015年6月25日に東京・渋谷にオープンした「ポップバー(popbar)」というアイスキャンディー専門店では、アイス+トッピング+ディップまで含めると1本700円程度となるので、それらに比べれば、若干安いと言えます。

コールドストーン アイスキャンディを食べてきた

さて、このコールドストーン アイスキャンディ、私がお盆で仙台に帰省したときにハピナ名掛丁商店街(アーケード)の店舗に行ってみたのですが、午前中にも関わらず行列が出来ていたため、時間の関係もあって買うのを諦めていました。

しかし、コールドストーン アイスキャンディの期間限定店舗は、東京をはじめ全国にあります。
今回は9月末まで営業している、東京都立川市のルミネ立川の店舗に行ってきました。

コールドストーンアイスキャンディの店舗.jpg

店頭は、先ほど紹介した「ストロベリーショートケーキ」などのプレミアムアイスや「カフェナッツミルク」などのアイスクリームをはじめ、全メニューがずらりと並び、カラフルな感じ。

ちなみに店舗はルミネ立川1F・フロア中央の催事スペースというにあるのですが、割と目立たないようで、土日にも関わらず私が行ったときはお客さんはほぼ居ませんでした。

個人的には、これは涼しい屋内店舗と暑い屋外店舗の違いがあるのかなと思います。

ストロベリーショートケーキ.jpg

私は持ち帰り用にいくつかアイスを買いましたが、やはり一番美味しかったのは、プレミアムメニューである「ストロベリーショートケーキ」

ミルクアイスクリームの上に載っているのはイチゴとブルーベリー、ホイップクリーム、葉っぱを模したリーフチョコレートで、まさにさながらショートケーキといった感じの豪華仕様です。

味の方はと言うと、ホイップクリームとアイスがマッチしてとても濃厚な味に仕上がっています。

一般的なアイスキャンディのイメージである爽やかさは無いですが、ボリュームがあり、ケーキを食べているような感じを覚えます。

なお、コーディングされているラズベリーソースは少し固いですが、溶けてしまうとイチゴと共に落ちてしまうので、早く食べる必要があります。

カフェナッツミルク

お次はアイスクリームメニューの「カフェナッツミルク」

コーヒーゼリーやアーモンドがキャラメルソースでコーディングされ、ミルクアイスとマッチする味に仕上がっています。

しかし個人的には、こちらはスーパーなどで販売されているスティックアイスの豪華版という感じがして、先ほどのストロベリーショートケーキのような「コールドストーン アイスキャンディでしか味わえない」という感じはあまりしませんでした。

専用ケースで持ち帰りもOK

コールドストーンアイスキャンディ持ち帰りケース

コールドストーン アイスキャンディの店舗では、持ち帰り用のテイクアウト専用ボックスも販売しているので、アイスをお土産としてテイクアウトもできます。(ボックスは発砲スチロールです)

こちらは3~4本程度が入る100円の小ケースと、5本以上が入る200円の大ケースが販売されており、持ち帰りに掛かる時間に合わせドライアイスを入れてくれました。

8月上旬に比べ、日本全国で暑さはだいぶ和らいできましたが、9月はまだまだ暑い日もあります。

そんな残暑が厳しい日などに、この夏限定のリッチなコールドストーン アイスキャンディを一度食べてみてはいかがでしょうか?

なお参考までに、本ブログでは、仙台駅で買えるお土産や立川駅(ルミネ)で買えるお土産についてそれぞれ記事として取り上げていますので、よろしければ合わせてご覧ください。

このお土産ならハズレなし!仙台駅で買えるお菓子のオススメお土産について

立川のお土産って何だろう?ルミネでも買えるオススメ品を徹底比較!

スポンサーリンク