コンパクトシティの問題点。あなたの故郷が無くなる未来

コンパクトシティにはメリットの反面、問題点もあり

コンパクトシティのメリット

コンパクトシティは別名スマートシティとも呼ばれ、商業地や学校、および都市的な土地利用を郊外への拡大を抑制するとともに、生活に必要な施設や住居を都市の中心に集積させる事で、徒歩や公共交通機関で移動できるようなコンパクトなまちづくりの事を指します。

コンパクトシティの導入の背景に郊外の発展に伴い、都市部の空洞化や人口減少による高齢者の交通弱者への対策、自治体が生き残りをかけて地方都市再生の切り札とする事などが挙げられます。

しかし、コンパクトシティには多くの問題点が指摘され、実施している都市や検討している都市でも繰り返し議論が行われています。
今回は、このコンパクトシティの問題点について、記事を書いていきます。

スポンサーリンク

コンパクトシティのメリット

コンパクトシティを導入する事でメリットと言えば、都市部に施設や人口が集中する事で財政負担を減らす事や、ごみ回収や除雪などの行政サービスの効率も良くなる他、徒歩圏内や交通機関等でアクセス可能な距離に生活に必要な施設が揃っているので買物難民等と呼ばれる住民が生まれにくく、生活しやすい環境が作られる点があります。

これは、多くの自治体で人口減少と高齢者の割合が増える中、自治体消滅を防ぐ案としても注目されています。

また、公共交通機関の利用を促進する事で長距離の自家用車の使用を抑え、二酸化炭素の排出量を減らす環境にも優しい都市づくりにも繋がります。

これから深刻になるであろう医療や介護の問題でも、都市部に施設が集中する事で地方の医療機関での医師不足解消にも繋がり、高齢者にとっても安心して住める街づくりにも繋がることもメリットとなります。

コンパクトシティの問題点

さて、次はコンパクトシティの問題点についてです。

問題点の一つにすでに拡大した郊外について住民や施設の意見を十分に聞き入れていれられない、という点があります。

都市部への集中によりそれまでの故郷でもある地域が消滅してしまう可能性もあり、コンパクトシティが導入される事で、育った土地が無くなってしまうと危惧する人も多い中、住み慣れた土地を売却してまで新たに都市で暮らすメリットを感じられない住民も多いです。

また、郊外に設置済の施設の移動も容易ではない点も、問題点の一つとして挙げられます。

またコンパクトシティの発想としては、中心地の商店街が空き店舗で目立つ地域に商業施設を呼び込んで活性化させるという構想ですが、必ずしも空き店舗にテナントが入るとは限らず、思うようにテナントが入らなくて苦労している自治体も実際にあります。(コンパクトシティと言われる仙台市でもアーケードや一部商店街では活気が取り戻せていません)

また、郊外から中心地に密集すれば発展するかと言えば確実な根拠がない為、なかなか住民や企業の気持ちを動かせない点が課題です。

その他にも郊外で暮らす人には自家用車での生活が当たり前のようになっており、少し近くに鉄道などの交通手段が出来ても自家用車での移動手段から交通機関の移動手段に切り替えが難しいという点もあります。

これは、仙台市で言うと仙台地下鉄東西線の路線図を眺めて改めて気づいたことに書いた、新しい交通手段でも路線自体に需要が生まれるかどうか、という点に少し通じる問題ともいえます)

また、都市部に移動すれば駐車場の確保も必要になりますし、場合によっては車を手放す選択を余儀なくされる事もあり、住民に選択の幅をかえって狭めている政策である事も問題点でもあります。

これらの問題点から、冒頭に書いた通りコンパクトシティを推進している都市でも、今後の推進について繰り返し議論が行われています。

なお、本文でも取り上げている仙台市はコンパクトシティと言われる都市ですが、個人的には、東京都立川市は周辺の市を巻き込むことで仙台を超えるスーパーコンパクトシティだと考えています。(→仙台市と立川市は似ている気がする)

スポンサーリンク