コンプレッサーを使って音の位置をコントロールする方法

コンプレッサーで音の前後を表現する

コンプレッサーでオーケストラの音の位置を再現

 

以前、YouTubeの音量が小さいファイルの音を大きくする方法の記事で、コンプレッサーを使うことで、音を若干後ろに引っ込ませられる、と書きました。

DTMなどの作曲作業や編集作業において、コンプレッサーは音の均一化を行うという役割のエフェクトですが、音の位置(音像)をコントロールするためにも使えます。

 

スポンサーリンク

 

音の位置というと、一番分かりやすいのは左右の位置を決めるために振るPAN(パン)ですが、コンプレッサーを使うことで、更に前後の音の位置を決めることができます。バンドやオーケストラでのステージの前後位置の表現みたいなものですね。

今回は、この前後を決めるコンプレッサーのパラメータ例を掲載し、どのように設定したらいいかを書いていきます。

 

コンプレッサーのパラメータ値

音の前後位置を表現するためのコンプレッサーの各パラメータ値の設定を以下にまとめてみました。
なお、コンプレッサーはSONAR付属のSonitus:fx シリーズのものを使っています。また、例の画像の値はあくまで参考値になります

 

・アタックタイム早め
・リリースタイム遅め
・スレッショルド高め

→ほぼコンプレッサーがかかりっぱなしになり、ゲインを上げても音が遠くで鳴っている感じになる。

コンプレッサーを深くかける

 

・アタックタイム遅め
・リリースタイム早め
・スレッショルド低め

→コンプレッサーがあまりかからなくなる。前に出る感じになり、聴こえやすい

コンプレッサーがあまりかかっていない状態

 

これらの使い分けですが、通常は作曲においての各パートのうち、イメージでいうとオーケストラのステージの一番前に来るVocalなどのパートにはコンプをあまりかけず、ステージの後ろに引っ込むことが多いStringsやトランペットなどのパートには深くかけてあげます。

 

なお、これはあくまで例で、曲によって目立たせたいパートは違ってきますし、音の表現という意味でもコンプをあまりかけないことがあります。

 

また、今回はコンプを使った方法についてまとめましたが、音の前後の位置はコンプだけでなく、パートの音量にも大きく左右されるため、実際はまずPANで音を左右に振ってから、次に音量で前後の関係を調整し、さらにコンプレッサーで音の前後の関係の調整を行います。

 

これは、実際にミキシングや音源のマスタリングをしてみて、バランスを整えることが大事だと思いますので、画像を参考に、曲を聴きながら調整を進めていくことが大事です。

 

スポンサーリンク