ブログでは「です・ます調」と「で・ある調」のどちらを使えば良いの?

今回は、文章の言葉尻の話です。

以前、私は別のブログを運営しいてたことがあるのですが、そのブログでは「で・ある」調を使っていた時期と、「です・ます」調を使っていた時期がありました。

 

スポンサーリンク

 

「で・ある」調のほうが言葉尻が短くなってテンポの良い文章になる、そして書きやすいというメリットがあるのですが、いかんせん説明口調ではなく、少し冷たい印象を与えてしまいます。

今回は、「で・ある」調と「です・ます」調のそれぞれの特徴を述べていき、どちらを使えば良いのかを書いていきたいと思います。

 

「です・ます」調と「で・ある」調の特徴

です・ますとで・あるの特徴について

この「です・ます」調と「で・ある」調を検討する際に、それぞれの特徴について簡単に調べてみました。

「です・ます」調

  • 話し言葉に近い。言葉で説明する感じ
  • 優しい、丁寧な表現となる
  • やや冗長でスピードに欠けた文になるときがある

「で・ある」調

  • 明確な手順などを示す感じ
  • 言い切ることで説得力があるように見える
  • ややそっけない、冷たい文章に見える場合がある
  • スピーディーな、テンポの良い文章になる

 

この通り、どちらも一長一短があり、どちらを使えば良いのか迷ってる方も多いと思います。

 

どちらを使えばよいか

結局、どちらを使うべきかは、文章の目的と自分はどっちで書きたいのかによる思います。

 

仕事で顧客への説明文を書く際は「です・ます」調ですし、仕事のメールも、もちろん「です・ます」調であると思います。

 

なお、個人的なことなのですが、私の場合、更に言うとプライベートのメールや言動も「です・ます」調となってしまうことが多々有ります。(そのため、他人行儀だと言われることもあります)

このため、私の場合、ブログでも書き慣れた「です・ます」調のほうが自然に書ける、という結論に達しました。

 

ブログでは「です・ます」調が正解?

ここまで色々と書きましたが、ブログの場合、基本的に誹謗中傷や嘘の情報を書かなければ誰にも迷惑をかけないものだと思うので、それならば、後は自分がやりやすいほうで書けば良いのではと思います。

本ブログでは、目的と自分の考えが合って「です・ます」調にしていますが、「で・ある」調のほうが合うブログやサイトもあると思いますし、使い分けが大事だと思います。 (このブログも見だしに関しては「で・ある」調でスパッと言い切る形にしている場合もありますが)

 

ブログに関して言えば続けることが一番大事だと思うので、目的を考え、無理をしない、やりやすい形にしていくのがベストかと思います。

 

まとめ

  1. 「です・ます」調と「で・ある」調は目的と自分の好みで使い分けていくのが良い。
  2. ブログの場合、続けることが大事なので、やりやすい形にしていくのがベスト。

 

スポンサーリンク