ファイルが大きすぎて外付けHDDへコピーできない

ファイルが大きすぎて外付けHDDへコピーできない

私が以前ゲーム実況動画をやっていた際、友人宅にてアマレココでキャプチャしたavi形式のファイルを、新しく購入した外付けHDDにコピーしようとしたところ、以下のように「ファイルが大きすぎて対象のファイルシステムに入らない」と表示され、外付けHDDにファイルをコピーすることができませんでした。

 

ファイルが大きすぎてhddにコピーできないエラー画面

 

はじめは原因が分からず途方に暮れかけましたが、調べてみると簡単に原因が判明しました。

 

スポンサーリンク

 

原因はHDDのファイルシステムの形式

調べたところ、原因はHDDのファイルシステムがFAT32という形式だったためでした。

 

ファイルシステムとはOSの機能の一つで、コンピュータに記録するデータを管理する方法のことです。
ファイルシステムの形式は複数あり、NTFSという形式でないと4GB以上のファイルのコピーができないとのことでした。

 

このため、対策としてHDDをNTFS形式でフォーマットしたところ、ファイルが問題なくHDDにコピーされました。
なお、HDDをフォーマットしようとするとデフォルトでNTFS形式が選択されるようです。(以下がフォーマット画面です)

 

HDDのフォーマット画面

 

実は以前、USBメモリでもこのような現象が起きたことがありました。
外部記憶装置を初めて使うときはフォーマットをした方が良いということですね。

 

ちなみに補足すると、NTFSはWindowsの標準のファイルシステムの形式で、FAT32は主にLinuxで用いられます。
Linuxではext3, ext4などの標準のファイルシステムの形式があり、サーバ製品などではさらに独自のファイルシステムを搭載していることがほとんどです。
(LinuxのCoreファイルの出力設定の記事で書いたようにファイルシステムを色々とカスタマイズが可能だったりします)

 

PCキャプチャの画像は注意が必要

ビデオカメラで撮影を行う場合、基本的に動画は圧縮されて保存されるので、iPhoneアプリの実況などで、AppleTVに出力した画面を撮影した場合などでは1ファイルのサイズが小さくなるため、今回の現象はまず起きません。

 

ただし、PC画面に出力したゲーム実況の画面をアマレココでキャプチャする場合、avi形式という圧縮がされていないファイルで出力されるため、数十分~1時間撮影しただけで動画ファイルのサイズは数GBまで膨れ上がるため、この現象は起きる確率が高いです。
なお、これは他のPCキャプチャの録画でも同じことが言えるため、注意が必要です。

 

ただでさえ圧縮前のファイルサイズが大きいHDDへのコピーには時間がかかってしまうので、可能ならば圧縮してからコピーするか、可能ならキャプチャしたPCにて動画の編集を行った方が効率的には良いと思います。(画質を求める場合、圧縮しない方が良いですが)

 

なお、圧縮した場合なら、共有のGoogleDriveやDropBoxなどで持ち出すこともなんとか可能で、そちらの利用も検討することをお勧めします。

 

スポンサーリンク