2016 藤崎のビアガーデンに行ってきた

藤崎のビアガーデン 感想

今回は私がちょうど先日まで仙台に帰省した際に行ってきた藤崎のビアガーデン(2016)の感想になります。

参考: 2015ビアガーデン


藤崎のビアガーデンの時間と値段は90分で3500円です。

2015年に私が行った三越のビアガーデンと比べると時間は30分短くて値段は据え置きになりますが、個人的には藤崎のほうが満足度が高く、真夏というのに若干寒いくらいの仙台の夜と相まってなかなかGoodな一時を過ごすことができました。

なお、ビアガーデンの例に漏れずですが、予約はしておいたほうが無難なので事前にTELにて予約をオススメします。(TELは公式サイトからで、9/11(日)までの開催となります)

以下、藤崎ビアガーデン(2016)の内容と感想を書いていきます。

スポンサーリンク

藤崎屋上までのアクセスとビアガーデンの基本情報

藤崎へのアクセスは皆さんご存じのとおりと思います。最寄り駅は青葉通り一番町駅(直結)ですが、以下のマップのとおり仙台駅からもアーケードを通って歩いて行くことができます。

また、ビアガーデンの会場は藤崎の屋上(8F)ですが、そこまでは1Fから青葉通り側のエレベーターで行きます。

ビアガーデン会場に入る前に人数分のチケットを買い(予約してるならここで予約名を告げます)、受付に行って席を案内されます。その後、チケットと引き替えで、会場の一画でお皿とグラス、箸などを受け取ります。

藤崎ビアガーデンのフード & ビール・ドリンク

藤崎ビアガーデンのスーパードライエクストラゴールド

さて、ここからは気になる飲み物とフードの内容です。

まずはビールですが、写真にあるとおり屋内に設置されているSUPER DRYのエクストラコールドやハイボールをはじめ、屋外にも数種類のビールが並んでおり、どれもセルフサービスで注ぐことが出来ます。

カクテルを作れるコーナーも

藤崎ビアガーデンのの特徴であるオリジナルカクテルを作るスペースもあり。

こちらにはソフトドリンクもあるので、ドリンクについては特に至れり尽くせりに感じました。

藤崎ビアガーデンはフードも充実

フードに関しては揚げ物を中心に、カレーやご飯、野菜、デザートのケーキやアイスがあり、全て屋内に設置してありそれを取りに行くバイキング形式。

飲み屋の中でも特にビアガーデンは揚げ物多めのイメージですが、例にもれず野菜は少なめで、また、真夏の屋外で食べるので生もののため刺身類もありません。

ですが、料理の種類は及第点と言える内容で、ビールやカクテルなどのドリンク類と合わせて値段以上の価値があったと思います。

なお、お皿は取り替え可能ですが、基本的に1人1皿を使うようでそこだけは面倒でした。

ビアガーデンの楽しみの一つ?屋上から見る風景

さて、ビアガーデンの楽しみ?とも言えるのは、フードやドリンク以外に、屋上から見える風景です。

藤崎からも風景は一応見えるんですが、

藤崎屋上から見る風景

周りがビルの壁に阻まれて一方向しか見えず、しかも見える風景も会場からは遠目で、背の低いだけのビル群だらけ..ここだけはちょっとがっかりでした(笑)

藤崎屋上の神社

なお、仙台のパワースポット(?)の一つ、藤崎 恵比寿神社もビアガーデンの会場内と目と鼻の先にあります。

以前紹介した縁結びのパワースポットである野中神社も藤崎から近いので、併せて訪れてみるのも良いと思います。


おわりに

さて、いかがでしたでしょうか。

時間は90分と短いですが、値段は3500円と比較的リーズナブルでエクストラゴールドを始めとしたビールの数々、自分で作れるカクテル、そしてフードもなかなかの数があるので、まだ今年はビアガーデンに行ってない!という人は藤崎のビアガーデンは特にオススメです。

夏の晴れの夜に、ぜひ仙台の夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク