ゲーム実況動画の編集方法についてまとめてみた

ゲーム実況動画の編集方法

今回は自分用のメモを兼ねて、私が過去に行ったゲーム実況動画の編集手順(ニコニコ動画投稿用)をまとめてみました。

これからゲーム実況動画をやってみたい、もしくはやっているがもっと情報を集めたいという方の参考になれば幸いでです。

 

スポンサーリンク

 

撮影方法

ゲーム実況動画の撮影方法は別記事参照

 

本記事は動画編集のエントリなので、撮影方法などについては割愛します。

参考までに、自分はPSP/PS2はPCキャプチャで、3DS/iPhone/iPadは直撮りで撮影していました。(PCキャプチャのソフトはアマレコTVを使用)

専用の記事に撮影方法を書いています。
3DS3DSその2
iPhone/iPad

 

編集ソフト

ここから本題の編集の記事。まずは使用したソフトから。

編集用途:

  • AviUtil
  • VideoStudio Pro X4
  • SONAR X2 Producer

エンコード用途:

  • XMediaRecords

 

使用ソフトは、大きく分けて動画編集用とエンコード用に分かれます。

↑に挙げたソフトは有料のものが多いですが、元々所有していたものを動画編集に使っていました。

なお、VideoStudioと波形編集ソフトであるSONARは必須では無いので(特にSONARは普通は使いません(笑) )、無料のソフトだけを使うなら、AviUtilとXMediaRecordsだけで十分だと思います。

 

編集手順

編集方法を解説

 

1. インターレース解除

使用機材: AviUtil
AviUtlを使い、撮影した動画(.avi形式)のインターレース解除を行います。
※インターレースの分かりやすい説明はこちら

 

ちなみに、この手順が必要なのはアマレコTVなどでPC画面をキャプチャした動画のみ。

ビデオカメラに依存するのかもしれませんが、自分の場合、3DSなどを直録りした場合はインターレースが発生しなかったため、この手順は不要でした。

 

なお、AviUtilではある程度の音圧向上もできるので、無料ソフトだけを使う場合は、以下の2~4のエクスポートまでの手順をAviUtilで行うことができると思います。

 

2. 動画編集

使用機材: VideoStudio

 

1.で出力したファイル、またはビデオカメラからインポートしたファイルをVideoStudioに読み込んで編集します。

 

おすすめなやり方としてはカット中心でなるべく短くすること。
あまり演出に凝ると編集に莫大な時間がかかるので、演出はほどほどに。

 

ゲーム実況という動画の性質上、編集よりもプレイの腕やトークで魅せるほうが良いように思います。

 

ちなみに演出を入れる(多用する)場合は、やはりVideoStudioなどの有料ソフトを使った方が思い通りのものが出来るように思います。

 

また、あまりに長い動画だとエンコードで画質を保てないので、自分は15分以内に抑えることを目標としていました。

 

3. 音圧向上

使用機材:SONAR X2、VideoStudio

撮影した動画の音量が小さいと、編集後の動画の音量も小さくなるため、動画に迫力が無くなってしまいます。

その場合、編集ソフトを使ってある程度は音圧(音の大きさ)を向上させた方が良いと思います。

 

ですが、自分だけかもしれませんが、VideoStudioで編集した動画をエクスポートすると何故か音量が小さくなる現象が発生していました。

 

そのため、少々面倒でしたが、 波形編集ソフトである「SONAR」のエフェクトを使用して音圧を向上させてました。(これについては動画音声が小さくなる現象が発生したときの対処方法のエントリに詳しく書いてあるので参考にして頂ければ)

 

4. 動画エクスポート、エンコード

使用機材:VideoStudio、XMediaRecords

 

3.の音声ファイルをVideoStudioに読み込んでエクスポート、その後エクスポートしたファイルをXmediaRecordsでエンコードします。

 

注意点として、環境や撮影ファイルによって最適の変換方法は異なると思うので、何度かトライ&エラーを繰り返して自分の環境に合わせる必要があると思います。

私は最終的に編集ソフトをVideoStudio ProX4 → X6とアップグレードしたのですが、X4のときはaviに出力してからmp4に変換していたのに、X6では何故かavi出力だと映像が劣化したため、mpgで出力してmp4に変換していました。

 

また、XmediaRecordは、XMediaRecordで音声のみ出力された場合の対処方法のエントリで紹介したように、インストーラでなくzip版を使っています。

 

ビットレートは動画の長さにもよりますが、画質を保つために最低でも720、可能なら800を保つようにしたいです。

 

無料ソフトと有料ソフトについて

記事の途中でも書きましたが、動画編集は基本的に無料ソフトで出来ますが、もし何かしらの有料ソフトがあればそれだけで編集の幅が広がると思うので、導入を検討することをお勧めします。

VideoStudioに限らず、ビデオ編集ソフトは1本は持っていくと後々に役立つかもしれません。

 

スポンサーリンク