偽トロキャプチャを購入する方法。3DSの画面をPCに取り込む

偽トロキャプチャで3DSの画面をPCに表示

偽トロキャプチャでPCの画面に表示

 

3DSのゲームタイトルで実況動画を撮影するためには、通常であれば、3DSのゲーム実況動画撮影方法を紹介した通りゲーム機自体を直接自撮りをする必要があります。

しかしこの方法では、プレイしずらいことがまず欠点に挙げられます。

また、直撮りとなるため撮影媒体によっては音声も映像も荒くなってしまう恐れがある、カメラやゲームスタンドを購入する必要がある、プレイ中に(まれに)ゲームスタンドがずれたりするといった様々な欠点もあります。
(詳細→3DSの実況動画でプレイしづらいのはしょうが無い?)

 

スポンサーリンク

 

この問題の解決法として、3DSのゲーム画面をPCやテレビに接続して表示する方法があり、一部の方に支持されてきているのが偽トロキャプチャです。

 

偽トロキャプチャとは何か

偽トロキャプチャは、市販されている製品を直接3DSに装着すればいいのではと勘違いされている方も多いと思いますが、この偽トロキャプチャは、3DSの中の電子回路に、直接キャプチャー機器を取り付けた製品となります。

要は市販の3DSを改造したものです。

 

3DSを改造する必要があるということは、電子回路のはんだ付けなど、素人には無理な作業が発生します。
(3DSの内部を良く知っている方や電子回路の知識がないと自分自身で取り付けることが不可能だといわれています)

そのため、この偽トロキャプチャを利用するためには3DSとキャプチャ機器を購入し、専門の業者に取り付け代行を依頼することが一般的な入手方法になっています。

 

偽トロキャプチャを利用するメリット・デメリット

メリットとしては、前述のニンテンドー3DS実況動画撮影における注意点。プレイしづらいのはしょうがない?の記事で書いた以下のデメリットが無くなります。

「プレイしづらい」
「直撮りでなくなる(カメラが不要)」

また、下画面も出力できるようになるため、動画の幅が広がることが考えられます。

 

デメリットとしては、改造品となるため、任天堂のサポートが受けられなくなることがまずあります。
このため、改造後の修理は不可となります。(不要になった3DSを買い取りに出すことも一般的には不可となります。)

また、3DSで直撮りで無い = 偽トロキャプチャを使っているということがバレバレとなることも、もしかしたらデメリットとなるかもしれません。

 

偽トロキャプチャを購入する方法

3DS偽トロキャプチャを購入する方法

偽トロキャプチャは主にネット購入にて入手可能です。
(店舗にももしかしたら出回っているのかもしれませんが、私は見たことがありません)

 

Yahoo!オークションなどで完成品を購入することも可能ですが、やはり前述の通り専門の業者に取りつけ代行を依頼するか、全てセットになったものを購入することで入手が可能です。

偽トロキャプチャやキャプチャ機器はかなり高価な製品のため、購入する際には必ず事前に完成後はどのような状態になるのかなどをしっかり把握してから購入することをお勧めします。

なお、3DS以外にもDSやPSPなどの偽トロキャプチャが存在しており、そちらについても同じように考えると良いと思います。

 

スポンサーリンク