ヘッドホンの選び方入門。買う前に知っておきたいヘッドホンの基礎知識

ヘッドホンの選び方の基本

ヘッドホンの選び方は人それぞれですが、価格の幅広さや種類の多さで、どのヘッドフォンを選んだら良いかわからない場合には、大原則として自分の用途や好みに合わせてヘッドホンを選ぶ、ということがあります。

スポンサーリンク

ヘッドホンは基本的に、高価なものはそれだけ高音質に聞こえますが、それ以外にデザインも個性的なものが出ていて、外でも使うケースが増えていることからデザインにもこだわる人が増えています。

そこで、今回はヘッドホンの選び方について知っておくべき種類や形などの解説を書いていきます。

ヘッドホン選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

ヘッドホンの種類について

種類で選ぶヘッドホン

ヘッドホンの種類は、オープンエア型か密閉型の2種類があります。

一番基本的なヘッドホンの選び方として、このタイプで選ぶということが挙げられます。

密閉型は大きな音をさせても密閉されているので音漏れすることが少ないのが特徴ですが、音がこもって聞こえてくることもあります。

密閉型と比較してオープンエア型は音が外に逃げる仕組みなので音漏れがしますが音質が良いのが特徴です。

電車など、周りが気になる人や外で聞く場合には密閉型で、周りの人を気にする必要がない場合にはオープンエア型を選びましょう。

なお、外で聴く場合に有効なのがノイズキャンセリングヘッドフォンです。

音楽を聴いていたりしても外の騒音が気になることがありますが、ノイズキャンセリング機能は騒音と逆の音を出して相殺することで音を消すことができる技術です。

このヘッドホンを選ぶことで周りの騒音が気にならなくなるので、騒音が多いところでも音楽に集中することができます。

なお、イヤホンの話になりますが、イヤホンタイプのインナーイヤー型のタイプは比較的安価に作られていますが、最近は音質にこだわっている人を中心にカナル型のイヤホンを使う人が増えています。

耳の奥の方まで入れるので周りの音を気にしなくてすみ、密閉されているので音楽に集中することができます。

耳の奥まで差し込むタイプなので負担が大きいのですが、最近では自分の耳の形に合わせたタイプのものをオーダーメイドすることができるものも登場していて、耳のストレスを軽減することもできるようになりました。

形で選ぶヘッドホン

ヘッドホンの選び方・形編

個人的には、ヘッドホンの選び方で最も重要なのが音質だと考えていますが、外で使ったりファッションの一部として捉える場合は、形や色も重要です。

また、家の中で使う場合でも疲れにくいものであったり、耳にストレスを感じにくいものなどが選定基準にもなり、そのため、さまざまな種類があります。

ヘッドバンド型が一番目にするタイプですが、大きいことや髪が乱れるということで、外では使いづらく室内で使うケースが多いタイプです。

外で使う場合にはネックバンド式や耳掛け式を使うことがあります。

ネックバンド式はバンドが耳の後ろにあるのでデザインが良く、周りにも目立たない形なので外でも使いやすい形になっています。

耳掛け式はバンドが付いていなく、耳に固定する形になっているので持ち運びしやすく、カバンやちょっとした入れ物などにしまうことができますが、デメリットは耳に負担が掛かりやすいということです。

耳掛け式は外で使うことが多く、小さい形なので音漏れがしやすい構造になっているので、外で使うにはボリュームを小さくする必要があります。

ヘッドホンを部屋に置く簡単な方法

ところで、ヘッドホンの選び方とは話が逸れますが、ヘッドホンを家で保管するには、ダイソーなどの100円均一ショップで売っているバナナスタンドが一番手軽です。(ワインスタンドでも良いかも)

バナナスタンドにヘッドホンをかける

少し暗くてすみませんが、↑の写真が私が持っているバナナスタンドです。

このバナナスタンドにヘッドホンをかけたのが以下の写真。

ヘッドホンをかけた形

なお、タイプによってはヘッドホンのヘッドの部分をかけるのに狭い場合がありますが、その場合はスタンドの金具を広げてあげることで調整可能です。

ヘッドホンと合わせてこちらも試してみていただければ幸いです。

スポンサーリンク