東日本大震災体験談その3 3/12電気復旧までの道のり

東日本大震災の体験談3  3/12の仙台市中心部

管理人自身が体験した東日本大震災後の生活についての体験談、今回は3/12(土)の私の行動である、仙台市中心部への食料の買い出しと街中での情報収集について書いていきます。。(前回:東日本大震災体験談その2 コンビニの行列と電気の無い夜)

3.11から一夜明けた3/12は土曜日。私の会社は土日が休みのため、(特に確認はしませんでしたが)この日は出社はせず、ゆっくり起きて遅めの朝食を取りました。

この日の私は、食糧調達と仙台の街がどうなっているかを確かめるため、唯一の移動手段だった自転車で仙台市中心部へと向かいました。

電気が復旧していた

中心部に向かうと、信号機の明かりが点灯しており、電気が復旧していることが分かりました。

しかし、相変わらずSS30の避雷針はぼっきりと折れてぶら下がったまま。駅前も通りましたが、人通りはまばらな状態でした。

仙台市中心部付近では、ほとんどのお店は営業していない状態でしたが、SS30近くのトモズ薬局 仙台中央店が営業していたため、中に入ってみました。

スポンサーリンク

テレビで各地の被害状況を知る

薬局が空いていた

このトモズ薬局は、仙台市の中心部の店舗ながら比較的広い店舗で、多くの食料品も取り扱っている店舗でした。

しかし、周辺に空いている店舗が無かったためか店内はかなりの混雑ぶりで、数個のエナジーバー系の食べ物と菓子パンくらいしか購入することはできませんでした。

なお、このときは後々に必要となるであろう電池も探したのですが、みな考えることは一緒なのか、売れ残っているものはボタン電池くらいでした。

さて、このトモズ薬局では店舗の中に調剤コーナーがあり、そこには大きなテレビとソファが設置されています。

テレビの周りには人だかりが出来ており、みな黙ってそこに映し出される映像や被害状況の速報文字を見つめていました。

私もこのとき初めて震災後にテレビを見ることが出来たのですが、仙台地区に限っても、荒浜地区などの沿岸部が津波で壊滅した・仙台空港が水没した・JR仙台駅の天井が落下した、などの状況になっているということを知り、本当にどこもかしこも危険な状態にあるという事実を理解しました。

また、鉄道や高速道路などの全ての交通網は遮断されており、自分たちは仙台という街に閉じ込められているということも、おぼろげながら理解することになりました。

体験談-テレビから情報を得る

さて、トモズを出た私は、商店街には向かわず、近くにある前年にオープンしたばかりのトラストシティ仙台に向かいました。

当初の目的は一階のやまやだったのですが、残念ながらここは営業しておらず。しかし、2階のロビーが開放されており、そこでは壁にテレビの映像が大画面で映し出され、おそらく避難してここに留まっているという人でごった返していました。

ここで見つけたのは壁のコンセントとそこから延びる延長コード。そこではたくさんのスマホが繋がれていました。

電気が復旧しているのは、この時点では仙台市の中心部しか無く、ここでしか充電する場所が無いため、みんな順番に並んで充電をしているようでした。

このとき、私はスマホは持っていましたが充電器はもっておらず、また、唯一の情報源だったネットブックも電池が半分を切っており、この後のことを考えても充電をしておく必要がありました。

そのため、ちょうど昼時に差し掛かっていたこともあり、私は一度家へ戻ることにしました。

そして、大学から父の車で戻ってきいた妹を連れてもう一度ここを訪れ、この日は夕方くらいまで順番待ちをしつつ充電を行っていました。

充電するということの大変さ

3/12夜 電気の復旧

さて、3/12も夜にさしかかり、この日も妹が加わった家族みなで3/11と同じく菓子パンなどでの夕食を摂っていました。

私以外の家族も近くの店から食料を購入しており、石油ストーブで焼きイモを作るなどもできていたため、当座の食料は確保できている状態になっていました。

電気が無いせいで星が綺麗

食事後、暇を持てあました私がふと外の空を見てみると、普段では考えられないくらい多くの星を見ることが出来ました。

この日は前日と違い非常によく晴れた空であったこと、そして電気が灯っていないことの2つが重なり、仙台の比較的中心部近くで非常にたくさんの星を眺めることが出来たのだと思います。

電気の復旧

ですが、この時視線を地上に戻してみて「あれ?」と思いました。

なんと、隣の家の明かりがついています。ちょっと前まではついていなかったのに..

試しにみんなが集まっている居間の電気を付けると、なんと、電気が付きました。

家族全員の歓声が上がります。充電はできる、テレビも付く、勿論電子レンジなども使える。

後で知った話ですが、どうやら、私の住んでいた地域は比較的早めの復旧が出来た地域にだったそうです。

それからは、各自明かりや暖を求めて居間に集まっていたのが、明かりを得たことで自分の部屋に引き上げることになり、この日の行動は終わりました。

以上です。

次回は3/13以降の、会社への出社とお風呂と娯楽を求めた行動について書く予定です。

スポンサーリンク