海堡は見学できる?TOKIOがロケした無人島

TOKIOが上陸した第二海堡

TOKIOが出演する、9月28日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!3時間スペシャル」にて、人口の無人島・第二海海堡(かいほ)に上陸し、生態調査などを行いました。

 

スポンサーリンク

 

人気グループ・TOKIOの日本テレビ系看板番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜 後7:00)が東京湾最後の無人島といわれる国有地『第二海堡』にテレビで初めて上陸したことが12日、わかった。人気企画『DASH海岸』の一環として、民間人立ち入り禁止の島に国土交通省の許可のもと、城島茂と山口達也が生態系調査などを行う。

引用元: ORICON STYLE『「ザ!鉄腕!DASH!!」、第二海堡にTV初上陸 TOKIO山口「こんな無人島があるとは」』

 

日本におけるメジャーな無人の人工島といえば、近年立ち入りが許可されて見学ツアーなどが行われるようになった軍艦島などがありますが、東京湾という東京の近くにこのような島があったことは管理人も知りませんでした。

 

海堡とは何か

zu


画像引用元: 国土交通省 関東地方整備局 東京湾口航路事務所ホームページ http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/wankou/rekishi/dai2kaiho.htm
画像引用元: 国土交通省 関東地方整備局 東京湾口航路事務所ホームページ

 

この海堡については国土交通省のホームページに建設された経緯などの詳しい情報が載っており、元々は東京湾を防衛する海上要塞として3箇所に作られました。

これらは全て明治から大正にかけて建設されましたが、今から約100年程前に発生した関東大震災や長年の風浪の影響により、残っているのは第一海堡と今回TOKIOが上陸した第二海堡だけです。

第二次世界大戦を経て海堡に残っていた武装や建物などは連合軍に破壊され、現在は灯台や消防演習場などにより利用されています。

しかし、一般人の立ち入りは禁止され、見学などをすることはできないそうです。

なお、今は無き第三海堡はCGにて復元された姿を見ることができます。

 

kaiho-tokio002
画像引用元: 国土交通省 関東地方整備局 東京湾口航路事務所ホームページ

 

これを見ると宿舎や武器庫と見られる建物や船が入校できる港、丘のような高台や砲台などがあったことが伺えます。

当時はおそらく海軍などが駐在し、東京湾にやってくる海上船や潜水艦の監視や時には砲撃などを行っていたのでしょう。

また、島には27センチカノン砲塔や機関銃などが武装として搭載されていたようで、軍国主義時代の日本の首都・東京における海上の防衛線として機能していたと言えます。

 

海堡の見学は出来るか

さて、今回TOKIOは国土交通省の許可を得て上陸したのですが、一般人の海堡への上陸や見学は禁止されています。

ただし、10年程前までは上陸や見学は明確に禁止はされていなかったらしく、渡し舟などで島に渡り、釣りをする人がいたようでした。(侵食などによる安全上の理由から2005年6月末に立入りが禁止されました)

また、上陸しての見学はできませんが勿論海上から見学するのは自由なので、ヨットや船などでの見学クルーズも企画されているようです。
(勿論ある程度までしか近づくことはできませんが)

 

同じような海上の島である軍艦島では上陸が許可され見学ツアーが開かれるなど新たな観光資源として注目されていますが、海堡に関しては100年程前の島であることと、やはり東京湾という船の往来が多いところでもあるため、見学ツアーなどが将来的に開かれるようになるのは難しいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク