仙台・富沢に初オープンのコメダ珈琲店。お店の特徴や車でのアクセスについて

メニューや店内の特徴について

今回の記事では、2015年1月22日に仙台の富沢にオープンした「コメダ珈琲店 仙台富沢店」(※)について取り上げます。

※お店の正式名称は、珈琲所コメダ珈琲店 仙台富沢店

 

コメダ珈琲店 仙台富沢店の店舗面積は、約78坪で木とレンガを基調とした温かい雰囲気のお店です。店内の座席は121席で、営業時間は朝7時から夜11時までです。

また、ソファや多くの新聞、雑誌が用意され、ゆっくりとくつろげる空間を造っています。このゆったりとくつろげるような店の造りはコメダ珈琲のコンセプトとなっていて、それが特色ともいえます。

 

ブレンドコーヒー(420円)などに代表されるドリンクメニューは約50種類で、看板スイーツメニューは温かいデニッシュパンに冷たいソフトクリームを乗せた「シノワロール」(590円)。その他、名古屋名物の「小倉トースト」「特製サンドイッチ」などフードメニューは約40種類あります。

なお、名古屋の特徴でコーヒーだけを頼んでもお豆のおつまみがついてきます。

 

スポンサーリンク

 

コメダ珈琲店 仙台富沢店へのアクセス方法

さて、このコメダ珈琲店 仙台富沢店は郊外型店舗となりますが、上記の地図の通り、店舗の場所は仙台市地下鉄南北線の富沢駅の近くです。

住所としては仙台市太白区大野田字宮脇となり、富沢駅からの距離は約500mで、駅を出て大野田、東北本線方面に歩いて7分くらいのところにあります。

なお、東北本線太子堂駅からも、地下鉄富沢駅方面に歩いて15分くらいに着ける位置にあります。

 

 

車でのアクセスですが、仙台富沢店の駐車場としては10台以上のスペースが確保されているので、本ブログでも取り上げた近場に位置するスーパーアークス(→北海道のスーパーアークスが仙台に出店。ビッグハウスが業態転換(2015年4月頃開店予定))や、あすと長町のIKEAなどの店舗などの帰りに立ち寄ることもできると思います。

しかし、駐車場は充分な広さと数がありましたが、カフェということもあり、特に午後のランチタイムを過ぎた辺りなどは回転率が低くなる可能性があるため、そこは注意が必要です。

なお、店舗の目印として、黒地に「コメダ珈琲店」とオレンジ色でかかれた以下の大きな看板が立っているので、分かりやすいと思います。

 

コメダ珈琲店 仙台富沢店の看板

 

コメダ珈琲店の豆知識

小倉トースト

 

ところで、名古屋を始め愛知県は喫茶店が多い街として知られています。朝食は喫茶店でモーニングを食べる人が多いので、名古屋の喫茶店のモーニングはコーヒ1杯の値段でトーストや卵、サラダなどがついて来ます。しかも店によってはパンは食べ放題、ご飯や茶碗蒸しまでついてくるところもあります。

 

コメダ珈琲はその名古屋で1968年に創業し、1993年にはフランチャイズを展開し、東海地方を中心に店舗を広げていましたが、関東では2003年に横浜江田店、関西では2006年に奈良中央店を開店して以来、2013年4月には全国に500店舗を持つ大きなコーヒーショップとなりました。

また、1999年には甘味喫茶「おかげ庵」もオープンし、2014年11月末の時点で全国593店舗、おかげ庵が9店舗になりました。

 

シロノワールなどの特徴的なメニュー

 

そして今回、仙台の富沢に宮城県初のコメダ珈琲がオープン。東北エリアでは2013年11月に福島のベイシア白河店に次いで2番目となります。

仙台でも名古屋の喫茶店の雰囲気が楽しめ、「いつでも、誰でも、誰とでも」おいしく食事やお茶をしながらくつろげることができるようになります。

 

なお、名古屋の喫茶では、2015年に首都圏に初進出したやば珈琲などの、フードを充実させたお店もあり、今後これらのお店が仙台をはじめ東北にもオープンすることもあるかもしれません。

  

スポンサーリンク