2015年も開催の国立市の「天下市」懸念点は大混雑?

2015年11月1日、2日、3日は国立市の天下市と一橋祭

JR国立駅南口の大学通りで開催される天下市(てんかいち)は、毎年11月の文化の日の前後に開催されるお祭りで、今年で50回を迎える歴史あるイベントです。

この天下市は、一橋大学の学祭である一橋祭と、くにたち市民まつりと同時開催され、例年10万人程度の来場者を記録しています。 ( くにたち市民まつりは最終日である11月3日のみ開催 )

管理人も、立川に引っ越してきて以降は毎年このお祭りに参加しているのですが、今回は、この2015年の国立市・天下市の店舗情報や混雑などの注意点の情報などをお届けします。

スポンサーリンク


天下市の開催日とアクセスについて

2015年の天下市と一橋祭は、例年と同じく3日間の開催となります。

開催時間は10:00~18:00で11月3日(火/祝)のみ17:00終了。ちょうどこの時期で言うと日没の時間にあたります。
なお、中日となる11月2日(月)は平日となります。

天下市と一橋祭が開催

会場は、ご存じJR国立駅南口から続く大学通り。
この通りの両側に出店がずらーっと並び、くにたち市民まつりによるパレードが行われる最終日は、道路が歩行者天国となります。

駐輪場に関しては、お祭りのメインエリアから外れた大学通り南側に、比較的自由に停められます。

自転車は自由に置く感じ

なお、周辺は一応有料の駐車場がありますが、会場周辺は混雑が激しいため(後述)、立川方面などの別の駐車場に停めるかJRでのアクセスをオススメします。

天下市の出店店舗について

天下市に出店するお店は全部で105店舗で、店舗のリストと主な出店場所は公式サイトに掲載されています。

出店店舗は国立市にあるお店なので、特に国立市や近辺に住んでいる方は、近所にありつつも普段行ったことの無いお店を知ることができます。

例を挙げると、以前本ブログでも紹介した矢川にあるスリランカ家庭料理店・ジャヤピヤサ。
このお店は国立市でも南のほうに出店しているため、おそらく国立市に住んでいても行ったことの無い方も多いと思います。

今まで訪れたことの無い近所のお店を、この機会に知ることができるのもこの天下市の魅力だと思います。(ちなみに、ジャヤピヤサは管理人イチオシのお店ですので、是非訪れてみてください)


ところでこれは裏話になりますが、とある出店店舗の方に話を伺ったことろ、この天下市への出店予約は先着順で、更にエリア内での出店場所はくじ引きになるとのことでした。

真偽の程は不明ですが、JR国立駅に近づくほどお客さんも増えるそうなので、このくじで売上が少し変わるのだとか。

なお、大学通りに普段から店を出している店舗も、この祭りの時期は通常営業に加えてセールなどを行うお店がほとんどのようです。

天下市の注意点は「混雑」

さて、管理人は2012年以降に天下市に参加してきましたが、いずれも混雑はすごいものでした (笑)

これは冒頭に挙げたとおり、一橋祭とくにたち市民まつりが同時開催されることが大きな理由となりますが、特に一橋大学の入り口近辺や、飲食店・子ども向けの出店のエリア、スターバックスの前などは先に進みにくい状態になってしまいます。(特にお昼どき)

また、個人的には祭りの同時開催という理由以外にも、歩道の道幅が狭いということも大きいと感じました。

普段歩く大学通りは道幅が広く、無料の駐輪場のエリアであってもそんなに狭く感じることはありません。
しかし、お店が出店すると途端に道幅が狭くなってしまいます。

道路が歩行者天国になるのは最終日だけなので、人通りお店を回るには狭くなった歩道を歩くしかありません。
そのため、買い物をしなくても混雑した歩道を歩かなくてはならないため、なかなか混雑が解消しない..という具合になります。

これを回避するにはなるべく午前中のうちから参加する、平日の2日目や歩行者天国のある3日目に参加するなどが挙げられます。

なお、歩行者天国の日も、出店で買い物をするためには歩道を歩く必要がありますのでそこは注意点です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

個人的にこの天下市は混雑はあれど、一橋祭にも行くことが出来ること、100店舗以上の出店が出ていること、JR国立駅南口から徒歩ですぐ行けることなどから、参加がしやすいお得な祭りであると思っています。

普段多摩エリアに馴染みが無い方も、文教都市の国立で開かれるこのお祭りに足を運んでみてはいかがでしょうか?

追記: 2015天下市に参加してきました

2015 国立市天下市

11/3(火・祝)に、天下市に行ってきました。
天気が良かったこの日はやはり混雑しており、飲食エリアと一橋大学前を中心に大混雑でしたが、多数の店舗が出店されており、やはり楽しいお祭りでした。

なお、一橋大学前の大会本部では出店マップなどが配布されていたので、来年以降はまずこちらを受け取ろうと思います。

スポンサーリンク