軍事評論家 テレンス・リー。そもそも軍事評論家とは?

軍事評論家 テレンス・リー氏

真夏の2夜連続!無人島0円生活で出演していた軍事評論家 テレンス・リー氏。
自称・危機管理コーディネーターとして番組に出演していました。

スポンサーリンク

 

テレンス・リー氏はフジテレビのホンマでっか!?TVなどにも出演していますが、「軍事評論家」や「危機管理コーディネーター」って普段の生活では聞きなれない言葉ですし、どんな人物かと思い、これらの言葉と共に今回調べてみました。

 

テレンス・リーとはどんな人物か

テレンス・リー氏について調べてみると「軍事評論家 テレンス・リー」や「テレンス・リー 嘘」という言葉が多く出てきます。

 

で、来歴を見てみると少し胡散臭い。
格闘家であり、傭兵としてスナイパーで活躍した、などありますが、主張や経歴がよく変化する人物として知られているようで、エピソードでは、傭兵をやっていた期間もごく短い間→10年と変化したとのことです。

 

見た目がとても強靭な肉体をしている方のため、格闘家である(柔道や空手などの有段者)というのは理解できますが、一般人に暴行を受けそれをネタとして扱う等のエピソードから、元・傭兵であるという事実は怪しいのかなと思われます。

 

軍事評論家として仕事をしている以上、武器や体術の知識はあるのだと思いますが、全て事実かというと怪しいところです。

そもそも、軍事評論家とは

軍事評論家とは何か
 

ところで、そもそも軍事評論家とは何でしょうか。

 

調べてみると、その名の通り、戦争や防衛を主にした「軍事」について専門的知識を基に評論を行う専門家のことのようです。

 

Wikipediaの軍事評論家のページを見てみると、元日本軍、元自衛官、軍事雑誌の特派員など、軍事関係の経歴がしっかりしている、現場の経験を多数踏んでいる人物がほとんどです。

 

戦争や防衛に関する著書や翻訳を多数手がけたり、雑誌に寄稿したり、講演をおこなったり、テレビに出たとしてもNHKだけ(そりゃそうだ)など、軍事に対して非常に真面目に活動されている方がほとんどのようです。

 

軍事評論家というより、危機管理コーディネーター テレンス・リー

 

他の軍事評論家とテレンス・リー氏の経歴を比べるたび、軍事評論家 テレンス・リーとしての人物は胡散臭ささしか覚えなくなります。

 

とはいえ、日本で暮らす私達が普段の生活で必要とされている知識は、危機管理の視点で考えれば、国の危険と隣り合わせの軍事のよりも、日常の危険に対する知識だと思います。

 

そういう意味では、軍事評論家としてとっつき安いのは、バラエティなどの番組に出演するテレンス・リー氏です。
(軍事評論家として本物かどうかはさておき)

 

テレビ局側にとっても、軍事評論家という肩書きで身近な知識を話すテレンス・リー氏は、バラエティ番組で起用できる真面目かつ笑いが取れる人物として貴重なのかもしれません。

 

スポンサーリンク