LinuxとWindowsのデュアルブートPCの作り方

デュアルブートPCでLinuxとWindowsを共存

自分が今使っているデスクトップPCは、Windows7とLinux(Fedora)のデュアルブートです。

なぜデュアルブートをしたのかというと、元から使用していたWindowsのPCに、勉強用としてLinuxを入れて動くのか確認してみたいと思ったのがきっかけでした。

 

スポンサーリンク

 

デュアルブートの方法はいくつかありますが、前述の通り、自分はWindows7をインストールしたPCに、後からLinuxを専用のパーティションにインストールする方法をとりました。

以下、詳しい手順を解説します。

 

LinuxとWindowsのデュアルブートPCの作成手順

まず、Windows7をインストールしたPCで、「スタートメニュー→コンピュータを右クリック→管理をクリック」でコンピュータの管理画面を起動、左側のツリー表示から「記憶域→ディスクの管理」でディスクの管理画面を起動し、余っているLinux用のパーティションを作成します。

ここで、デュアルブート用となるLinuxパーティションは、Windowsと同じディスク上に作成して構いません。(余っているプライマリ部分を分割します)

 

そして、インストール用のUSBメモリやDVDディスクなどを接続した状態でWindowsを再起動し、先ほど作成した専用のパーティションにLinuxをインストールします。
※なお、私はFedora Linuxをインストールしました。

 

なお、インストール後の注意点として、今回のようにWindows→Linuxの順でインストールすると、PCのMBR(マスターブートレコード)というものがWindowsのものからLinuxのものへと書き換わります。

少し分かりにくいですが、マスターブートレコードとは、先ほどのディスク管理画面でいうと以下の画像のディスク0の網掛け部分のことです。

 

ディスクの管理

 

初期設定のままのマスターブートレコードだと、後からインストールしたLinuxをしか見てくれなくなるので、Linux(Fedora側)でgrub.confというファイルをrootユーザで以下の例ように書き換えると、PCを起動する度に、LinuxかWindows7のどちらを起動するか選べるようになります。(あくまで例ですので、環境によって内容は異なります)

 

[root@misty ~]# cat /etc/grub.conf
# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
#        all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
#       root (hd0,4)
#       kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root
#       initrd /initrd-[generic-]version.img
#boot=/dev/sda
default=0
timeout=120  ★起動時の待ち時間を120秒に設定
splashimage=(hd0,4)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title Fedora (2.6.33.3-85.fc13.i686.PAE)
root (hd0,4)
kernel /vmlinuz-2.6.33.3-85.fc13.i686.PAE ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap rd_NO_LUKS rd_NO_MD rd_NO_DM LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 nomodeset rhgb quiet
initrd /initramfs-2.6.33.3-85.fc13.i686.PAE.img
title Windows 7 Ultimate 64bit ★ブート時の画面のOS名
rootnoverify (hd0,0)
chainloader +1

 

また、上記のgrub.confだと毎回OSを選ぶ必要があるので、WindowsをLinuxより前行に持ってきてtimeoutを5秒など短く設定した場合は、PC起動に少し待っていればWindowsが起動するようになります。

なお、grub.confの編集は細心の注意を持って行ってください。

一つ間違うと両OSが起動できなくなる恐れがあります。

 

これでデュアルブートの設定は終わりとなります。

なお、デュアルブート環境はClonezillaを使ってハードディスクを交換、データをコピーする方法でハードディスクを交換した後も引き継がれます。

 

ネットブックにもLinuxを入れてみる

ネットブックにLinuxをインストールした状態
ところで、デュアルブートのついでに、現在は使わなくなったネットブックにもLinuxをいれてみました。

 

こちらも前述のUSBメモリやisoイメージを焼いたDVDを使用してインストールします。
メディアに焼くときはただの書き込みではなくisoイメージとして書き込む必要があるため、DeepBurnerというフリーのライティングソフトを使いました。

また、ネットブックにはDVDドライブが付いてないため、USBメモリでのインストールをおすすめします。

無線LANやタッチパッドなども問題なく使え、快適な状況なので、現在は主にLinux上での実験や勉強に使ってます。

 

スポンサーリンク