お菓子持ち込みもOK! 立川まんがぱーくに行ってきた

立川まんがぱーくに行って来た

最近、今まで気になっていた1日400円で漫画が読み放題の施設、立川まんがぱーくに行ってきました。

立川まんがぱーく入り口

感想としては、漫画好きなら時間制限のない漫画喫茶の代わりにも使えるなということ、そして家族連れで行けば安価で子供と1日中を過ごせる、一種のテーマパークのような場所だなと思いました。

今回は管理人が立川まんがぱーくを利用した際の感想などを交え、アクセスや注意点なども含めて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

立川まんがぱーくを利用した感想

立川まんがぱーくは、開館は10:00、たましんRISURUホール側の広場から、階段を登った2階が入り口。

入場料(大人400円、小・中学生200円、未就学児は無料)を支払うことで4万冊を超える漫画や絵本を好きなだけ読めるといったシステムが取られています。

入場時は靴をロッカーに入れ、100円玉を入れて外した鍵についているカードが入館証となります。(両替機あり)

置いている書籍は、漫画だけでなく児童向けの絵本も充実しているため、ひとりでは漫画が読めないような小さなお子さんがいる家庭でも、家族全員で楽しめる利点があります。

なお、施設内ではお絵かき教室などのイベントや、隣接する広場ではまんがぱーく大市などのイベントも開かれており、そちらへの参加も合わせて可能です。

さて、私が立川まんがぱーくを訪れたのは土曜の昼前でしたが、小学生くらいの子供を中心にたくさんの人で既にいっぱいでした。

施設自体はコの字型のような形になっており、通路以外には、人気の押入れスペースをはじめとしてブロックやイスなどが沢山並んでおり、そこに座ろうが寝転ぼうが自由に、リラックスして漫画の世界に入り込めます。(詳しくは公式サイトの写真を参照)

私が行ったときは既に押入れスペースはいっぱいで、その押入れスペースの上などにも子供が乗って本を読んでいるような感じで、座布団がしいてある小さな机のような席の上に座って漫画をゆっくりと読んでいました。

なお、日によって変わると思いますが、子供と大人の比率は3:7くらいの割合に見え、比較的子供が多い印象を持ちました。

注意点としては、漫画スペースでは、仕方の無いことですが通路内を子供たちが駆け回ることが多いということが挙げられます。

また、多くの人が訪れるため、スペースが空いていない、読みたい漫画が読まれているといったことも挙げられます。

特に、寝転がりつつも人の目を気にせず読むことができる押入れスペースは、土日で利用するには10:00の開館前から並び、場所を確保しておく必要があると思います。

充実のサイドメニューが充実。持ち込みもOK

立川まんがぱーくの入り口付近では、飲食物を販売しているカフェスペース、そして近くにはテーブル付きの席もあり、そこで昼食などを取ることも可能です。

メニューは、カレーやたこやき・から揚げなどの軽食がメイン。また、自販機も設置しています。

フードメニュー

なお、立川まんがぱーくはお菓子やペットボトル飲料の持ち込みも可能です。

もちろん漫画を汚さないように注意してお菓子を食べるなどの配慮が必要となりますが、外部からの持ち込みを禁止している漫画喫茶とはここが大きく違うので、長居することを検討しているようなら気軽に近所のコンビニやスーパーなどでお菓子などを購入しておくことも可能です。

また、個人的に購入した漫画や、ノートPCなどの持ち込みも可能なようで、書店などで新刊を購入してきてリラックスできる場所で読みたいというときにも利用できます。

ただし、漫画コーナーなどの比較的静かな場所でのノートPCなどの作業は、キー音などの関係上、周囲に迷惑がかかる可能性があるので、個人的にはオススメはできません。

PCその場合は、館内から利用可能な、↓のテラス席での利用をオススメします。

テラス席

なお、立川まんがぱーくでは、2015年2月からは平日パスポートが販売されています。(立川まんがぱーくで平日限定パスポート-短時間でも気軽に利用を(立川経済新聞))

上記リンク先のニュースにあるように、平日の仕事帰りや学校帰りなどの短い時間での利用なら、この平日パスポートはコスパが大変良いのでおすすめです。

立川まんがぱーくへのアクセス

立川まんがぱーくはJR立川駅南口や多摩モノレール 立川南口駅からなら徒歩で約13分、JR西国立駅からなら徒歩で約7分の立地で、駐輪場もあります。

一度入場料を支払えば時間制限がなく好きなだけ漫画が読めることから、長時間漫画を楽しみたいという場合は、車ではなく電車や自転車で行くことをおすすめします。

車に関しては隣接する子ども未来センターの有料駐車場もあるため車でのアクセスすることも可能で、最初の1時間は無料のため、平日などの短時間の利用に限って言えば駐車料金がかかりません。

なお、立川まんがぱーくの目の前は、赤いベンチが置かれている子ども向けの広場(赤い公園)になっており、家族連れで行けばこちらで遊ぶこともできます。


スポンサーリンク