八木山動物公園に設置される冷凍動物園とは何か

仙台の八木山動物園に「冷凍動物園」が設置

今回は、少し前に書いた仙台の八木山動物園のパンダ誘致の記事に引き続き、八木山動物園に新たに「冷凍動物園」という施設が親切されるという話題を取り上げます。

全国の動物園はそれぞれ異なる特色を持っていますが、この冷凍動物園は展示施設ではなく、種の保存を目的とした研究施設に近い存在となります。

スポンサーリンク


冷凍動物園とは何か

冷凍動物園とは何か

この冷凍動物園という単語はあまり聞き慣れないものかもしれませんが、日本ではこの八木山動物公園の他には横浜の横浜市繁殖センターや神戸にも施設が設けられています。

冷凍動物園の役割としては、動物の遺伝物質、たとえば精子や卵子、DNA、胚などといったものを集め、液体窒素を使って長期保存を行うことが挙げられます。

仙台の八木山動物公園が冷凍動物園の設置場所として選ばれた理由は、まずアフリカゾウの人工授精をはじめとした繁殖技術の高さ、それから先に挙げた他の冷凍動物園と地域が離れているなど地理的な条件での兼ね合いが良かったことからです。

動物園には沢山の動物がいますが、見た目はそれほど変わらないように見えても、いずれの動物も年をとっていくため、近年ではそれが動物園の悩みのタネにもなっています。

滞りなく繁殖が行われれば個体数は一定に保たれますが、それが難しい場合、個体数はいずれ減少していきます。

新しく動物を輸入しようと思っても、現在は動物の輸入を規制するワシントン条約があるため、個体数が減ったからといって簡単に輸入する事は出来なくなっています。

特に世界的にも希少なアムールトラなどの動物に関しては、今後動物園で見ることができなくなってしまう可能性も決して少なくはないのです。

また、動物園にいる動物だけでなく、野生動物の中にも絶滅の危機に瀕している動物はたくさんいます。

保存されている遺伝物質を使う事で絶滅しそうな動物の繁殖を手助けしたり、絶滅してしまった動物を再び生み出す、このように動物たちを救うためのノアの方舟とも言える施設が冷凍動物園なのです。

冷凍動物園での作業

冷凍動物園はノアの箱船

冷凍動物園の具体的な作業としては、まず雄の個体からの精子の摂取が挙げられます。こちらは作りだされる数も多く死後も採取可能なため、それほど難しくはありません。

それに対して雌の個体からの卵子の採取は簡単ではなく、対策としてホルモン療法なども行い、採取が行われています。

こうして採取したサンプルは永久保存され、体外受精や人工授精、またクローニングや胚移植などに利用されます。

なお、これら採取したサンプルを用いて人工授精を行う事で近親交配や遺伝子の改良を防ぐ事も可能です。

技術が進むにつれ、サンプルの保存状態が悪くとも遺伝子を扱う事が可能になりましたが、自然の中で生きていくことができるような個体を生み出すためには、最新技術はもちろん、サンプルの量も十分になくてはなりません。

最後になりますが、冒頭に書いたとおり、どちらかというとこの施設は研究施設に近い存在のため、冷凍動物園が設置されている動物園に行ったとしても、残念ながら実際に見学したりすることはできません。

しかし、それでも「ノアの方舟」となる事が期待される施設を身近に感じることができる動物園は貴重のため、地元の東北大学などとの産学連携も期待される新たなスポットとして注目されるはずです。

スポンサーリンク