車、老朽化対策..仙台アーケード商店街の課題

仙台の中心地、仙台アーケード商店街

仙台市の中心街にあるアーケード商店街は、旅行客だけでは無く、住んでいる仙台市民も良く訪れる場所。
ドラッグストアや飲食店、飲み屋やBEAMSなどの衣料品関係の店、Apple Storeから地下鉄の駅ビルであるシリウス・一番町、フォーラスなど店の種類も様々であり、幅広い年齢層に利用されています。

しかしこのアーケードでも少々課題となる問題も見受けられます。
個人的には、大きく目に余ると感じる問題はタバコ、自転車での走行などがありますが、こういった問題以外にもいくつか今後に向けた課題もあると思っています。

スポンサーリンク

仙台市アーケードが抱える問題点や課題

アーケード商店街と仙台七夕祭り

まずここでは、仙台アーケードが持つ問題点というか、悩みについて取り上げていきたいと思います。

1つめの問題はタバコに関して。
タバコの問題はどこにでもあると言えばあるのですが、仙台のアーケード内でも歩きたばこをし、火の付いたままのタバコを捨てる喫煙者が多少なり居ます。

どんな年代の人でも歩きたばこをしている光景はちょっと目に余る上に、人が多く訪れるアーケードで歩きたばこは人にその火が当たる危険性もあります。

2つめの問題は自転車の走行。
夕方には人でごったがえすアーケードですが、自転車を降りずにそのまま走行し歩行者とあわやぶつかるという時もあります。

また、歩行者と乗り物(車両)の関係では、10年前には、アーケード内でトラックが暴走し次々と人を撥ねるという事件も起きています。

以下に河北新報のニュースを抜粋しますが、当時学生だった私自身も少しずつ記憶が薄れてしまっているのが現状です。

仙台市青葉区のアーケード街でトラックが暴走し、通行中の市民ら7人が死傷した事件は、2日で発生から10年になる。100万都市の中心街をパニックに陥れた惨事は当時、社会の大きな関心を集めたが、時間の経過とともに市民の記憶は薄れつつある。

 「このポールはオブジェとして置かれた物で、少し邪魔だと思っていた」。アーケード街を自転車で走っていた宮城野区の男子大学生(20)はそう言うと、道端のポールを「おしゃれ」と表現した。生まれも育ちも仙台だという。

 ポールは事件発生1年後の2006年4月、暴走車の進入を防ごうとアーケード街の各出入り口に設けられた。関係者は「悲劇を伝える象徴」と位置付けるが、男子大学生のような若年層や転入者を中心に設置目的は忘れ去られつつある。

引用元:<アーケード暴走>事件10年 風化する記憶(河北新報 Online News)

仙台アーケードの今後の課題。起爆剤は地下鉄東西線?

さて、仙台アーケード商店街は、六魂祭や毎年行われる仙台七夕では多くの観光客を集めており、仙台の観光の中心の一つともいえる存在となっています。(→東北六魂祭・ミラノへ行く。祭りは今後も毎年開催される?)

しかし、アーケードの客足は年々少なくなっていると言われています。
私自身、GWなどに戻った際に感じた印象としては、特に夕方から夜間にかけての人並みが少なくなったのかな?と感じています。

仙台市としては地下鉄東西線の開業で盛り返しを狙っているように見えますが、新しい駅ビルとなるシリウス・一番丁も現段階ではあまり目立った話題がでずパッとしていないようにも思えます。

今後、地下鉄東西線の開業と共に新たな客足が出来るのは確かなことだと思うので、そこは巻き返しに期待したいところ。

また、平成5年に今の形が完成した仙台のアーケードは、いずれメンテナンスにも気を使う時期がやってくると思いますが、以下のニュースにあるように、今まで無かったところ(藤崎北西側の市道十字路)に新たなアーケードもできる計画もあり、今後の発展にも期待したいです。

仙台市青葉区一番町の藤崎北西側の市道十字路に11月、新たなアーケードができる見通しになった。周辺三方がアーケード街なのに十字路の中心部分だけ設置されておらず、買い物客らから不便だとの声が上がっていた。

 「新・芭蕉の辻アーケード」(仮称)として、十字路に接する一番町一番街、おおまち、サンモール一番町の3商店街が共同で計画。29日に仙台市建築審査会が同意した。委員からは「これまでなかったのが不思議」との意見も出た。

 十字路の面積は177平方メートル。アーケードは高さ約15メートルの鉄骨製で樹木をイメージしたデザインとし、屋根は透明にして太陽光が入る開放的な設計にした。現在ある樹木3本は撤去される。

 事業費は約1億3000万円。3分の2は国の補助金を活用し、残りを3商店街の振興組合が負担する。市の補助金も見込む。6月上旬に市の許可が出た後、8月に着工する

引用元: アーケード今秋連結 仙台・藤崎隣接の十字路 (河北新報 Online News)

スポンサーリンク