高さ100mの超高層ビル?仙台大観音の見所や歴史とは

仙台大観音とは

仙台大観音を見上げて

仙台市泉区の中山周辺にある白い超巨大観音像・仙台大観音
その高さはなんと100mで、茨城県の牛久大仏・120mに次ぐ日本で2番目の高さを誇る巨大仏です。

仙台大観音の正式名称は「仙台天道白衣大観音」と言い、その正体は大観密寺の境内中央に建つ超高層ビル(という区分)です。
大きいことで知られる奈良の東大寺の大仏が、座っているとはいえ15mなので、その高さがいかに凄いかがわかるのではないかと思います。

ビルをはるかに超える高さから、仙台駅からも見ることができるため、こちらを向いた大仏が仙台市街を見下ろす姿を目にして驚く方も多いようで、「怖い」「不気味」という不名誉な呼ばれ方をされることすらあるようです。

スポンサーリンク


仙台大観音の歴史

仙台大観音の高さの100mのうち、身の丈は92m、台座を含めて地上100mとなります。
ちなみにこの「100」という数字にこだわった理由として、1989年4月1日に政令指定都市に移行した仙台市が、同時に市制100周年を迎えたことにも由来しています。

また、余談ではありますが、21世紀の仙台市の繁栄を願って、地下方向にも21mの深さにまで掘られています(ちなみに、こちらの地下の方は一般公開されていません)。

仙台大観音の歴史として、仙台市青葉区と泉区にまたがる中山地区エリアが、1964年の中山ニュータウン造成開始をきっかけに、市内における郊外型大規模住宅地の開発の先駆けとして発展しました。

のちに開発の一端として大観音の建築がプロジェクトとして発足し、1991年に建築されて今に至ります。

ちなみに、仙台大観音は、過去に電波障害が発生してしまったときに活躍したことがありました。

電波障害の対策として地上アナログテレビ放送時代には、ここに直接放送中継局を設置し、大年寺山のテレビ塔から送信された電波を大観音が受信し、中継点として再送信するという役割を果たしていました。

地上波アナログ放送が終わってからはその役目を終え、現在は観光名所としての役割を全うしています。

仙台大観音の内部は巨大な螺旋階段

足元の台座や、隣にあるベストウェスタンホテル仙台、仙台ヒルズゴルフ倶楽部の周辺から仙台大観音を眺めると、その白くそびえたつ大きな姿に圧倒されます。

しかし、仙台大観音は眺めるだけではなく大観音の中に入って見学・拝観することができます。

台座にある仙台大観音の胎内への入り口は、龍の口を模しており、正面からは観音が龍に乗っている様に見え、そこから内部の拝観料として500円で守護札を購入することで入館することができます。

胎内は12階に分かれており、60mに及ぶ吹き抜けになっており、まずはエレベーターで12階まで上ることから始まります。

12階には大観音の正面側と背中側にそれぞれ展望窓が設置されており、それぞれ都心部側と泉ヶ岳側を見ることができます。
まるで大仏さまになった気分で、下界を見下ろす気分は爽快です。

またほかにも、両肩付近に航空障害灯が設置されており、その部分にも窓がありそこからもまた違った風景が望めるため、おすすめです。

ここからは大きな螺旋状の階段を下に降りていきますが、内部の各階には三十三観音・十二神将・百八体仏などが収められ、直接観賞することができます。

間接照明による厳かに浮かび上がる仏像や観音像などご神体を拝観できるため、観光客はもちろんのこと、信心深い参拝者も多く訪れます。

おわりに

さて、今回紹介した仙台大観音ですが、観光スポットとして見ると仙台市民から見ても閑散とした印象があるのは否めません。(地元民としても2度3度訪れるかと言われると微妙なところ..)

そもそも中山までの電車でのアクセス手段が無く、遠方からの観光客からするとなかなか来にくいところではあると思いますが、足元に行くだけでも圧倒される大きさなので、訪れたことがない方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

なお、以前紹介した自然派食品レストランの六丁目農園の中山店も仙台大観音の隣のベストウェスタンホテル仙台で営業しています。
こちらもおすすめのバイキングのお店なので、併せて訪れることをおすすめします。


※なお、ランチは予約が必須のようです

スポンサーリンク