仙台イービーンズ「ジュンク堂書店仙台本店」が閉店

ジュンク堂書店仙台本店 長い歴史に幕

今回紹介するのは大変悲しいニュースです。

仙台の本好きの行きつけである仙台イービーンズの「ジュンク堂書店仙台本店」が2014年10月29日で閉店してしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 仙台市青葉区のファッションビル「イービーンズ」に入るジュンク堂書店(神戸市)の仙台本店が31日に閉店することが10日、分かった。
東日本大震災後、同社はJR仙台駅西口で最大3店舗を展開。閉店は仙台ロフト店に続き2店目で、ヤマダ電機LABI仙台(TRビル)に入る店舗は存続する。
震災後の11年7月、イービーンズ改修工事のため、TRビル地下に移転した。同年11月にイービーンズでの営業を再開し、移転店舗は仙台TR店として存続。8月末に閉店した仙台ロフト店と合わせ3店舗となった。イービーンズを運営するエンドーチェーンは「後継テナントは検討中」としている。

引用元:河北新報Online News

 

ニュースにある通り、2011年の震災時に、イービーンズは一時的(と言ってもけっこう長い)の閉鎖に追い込まれ、建物の一部を解体して復活。

その際にダイソーなどをはじめ多数のテナントが撤退してしまいましたが、このジュンク堂仙台本店は、残るどころか更に規模を拡大して営業を再開してくれました。

建物解体の影響で1フロアが狭くなりましたが、複数階に売り場を分けることで解決。

4Fにブルーノキッチンなども併設され、買った本はすぐ読めるという手軽さ。

 

学生の頃から8Fの喜久屋書店 漫画館を含めてよく行く書店でしたし、過去累計しても最も訪れた回数が多い書店だったと思います。(仙台で暮らしている方は、そのような方が多いのではないでしょうか)

私も、旧伊達前での飲み会の待ち合わせの時間待ちや(→仙台時間について)、仙台から東京に戻るために仙台駅に向かう際は、ほぼ必ずと行っていいほど、このイービンズのジュンク堂に立ち寄り、本を買ったり眺めていたりしていました。

そのため、閉店はとても残念です。

 

なお、3FにあるMARUZEN 仙台イービーンズ店も一緒に営業を終了するそうです。

私としては、こちらも文具やら名刺入れやらインテリアとして犬の置物を買ったりしたことがあるので、残念です。

 

何故閉店となってしまったのか

 

上の地図にある通り、そもそも、仙台駅前は書店が多すぎました。(勾当台公園付近まで含むとさらに多い)

ジュンク堂に至っては、既に閉店した仙台ロフト店、今回のイービーンズの本店、そして残るはヤマダ電機LABI仙台地下の店舗があります。

イービーンズ店は仙台駅前に面していますが、お客さんの数は常に少なかった気がします。
これは、コミックを扱っていなかったことがまず一因に挙げられます。(逆に8Fの喜久屋書店 漫画館は常に一杯です)

 

そもそも本を書店で買うのがスタンダートでは無くなりつつある現代で、一店一店のお客さんは分散してしまっている状況がよくありませんでした。
(すごい個人的ですが、LABI地下のジュンク堂は、地下にあるせいか閉塞感が半端なく好きになれない場所です)

イービーンズはペデストリアンデッキで繋がっているとはいえ、仙台駅から少し距離がありますし、電車待ちなら仙台駅構内のブックスみやぎが使えるというのも少しマイナスポイントだったのではと思います。

 

ところで、私は東京の立川市近くに住んでいるのですが、立川駅ビルのルミネのオリオン書房は常に人でいっぱいです。(→立川の大きい本屋、オリオン書房の歴史や特徴について)

首都圏における地方といえる立川とですら差なので、やはり地方と首都圏では人口密度の違いによる店舗の生存・継続率に差があると感じました。

 

イービーンズの今後

 

さて、仙台イービーンズですが、フロアガイドを見てみると、ジュンク堂が抜けることにより、3Fおよび5F~7Fがスッカラカンになり、とても寂しくなってしまいます。

しかし、1Fにはソフマップが新たに出店しますし、8Fの喜久屋書店 漫画館の集客は衰えないでしょうから、まだまだ頑張れると思います。(4Fの島村楽器も好きな店なので頑張ってほしいところ)

ジュンク堂には、是非、計画が進んでいる仙台の自由通路の駅ビル(ルミネ? 新エスパル?)に入ってもらい、また仙台駅前の書店のシンボルとして復活してもらいたいです。

 

追記

喜久屋書店 漫画館が館内移転して、ジュンク堂のフロアにオープンするというニュースが発表されました。再び、イービーンズで一般書籍で購入することができます。

また、アニメイトを初めとするアニメショップもテナントに入るようです。(詳しくは上記のリンク先で)

このためか、リニューアルオープンしていた喜久屋書店 漫画館では、アニメイトなどでも扱っているフィギュアやDVD/BDなどを投げ売りしていました。

 

スポンサーリンク