仙台での「エスカレーターは前の人に合わせる」ルールの起源を考える

仙台のエスカレーター立ち位置のルール

同じ日本人であっても、地域によって方言が違うように、人の行動もその地域によって変わってくることがあります。

例えば、よく引き合いに出される例が、仙台ルールの最初のページのほうのトピックにあったエスカレーターでの立ち位置で、仙台では基本的に前の人に合わせることが一般的なルール?となっています。

そこで、今回は、この仙台でのエスカレーターの立ち位置について記事を書いていきます。

スポンサーリンク


エスカレーターの立ち位置のルール

東京のエスカレーターは左立ちルール

まずおさらいですが、一般に東京(関東)ではエスカレーターでは左側に立ち止まって並び、右側のスペースは歩いて移動する人のために空けておきます。

反対に、関西地方では、東京都は逆に右側に立って左側のスペースを空けておきます。

地域によって異なる習慣があるのはとても興味深いのですが、元々仙台でも左側立ちだった私は、大阪に仕事で出張したときに地下鉄の駅などのエスカレーターで思わず左側に立ってしまうことがあります。(そして周囲との違和感に気づき慌てて右立ちになる)

仙台の場合は、前述のとおり、エスカレーターでは基本的に前の人に合わせることが一般的なルール(風習)となっています。

私個人としては、昔からずっと左立ちで、さらに周りを見渡しても左立ちのほうが多いような感覚があるのですが、色々な場所で確認してみるとエスカレーターでの立ち位置にはある一定の法則を見出すことはできませんでした。

ある場所では左側に立っている人もいますし、また別の場所では、右側に立っている人もいます。さらに、同じ場所であっても、右側に立つこともあれば、左側の場合もあり、立ち位置は全くばらばらでした。

これは、先頭の人がたまたまどちらに立ったかに寄与するところがあるのではと思います。

ローカルルールなんかに縛られずいこう

エスカレータールールなんて気にしない

さて、仙台でのエスカレーターの立ち位置については、要は「他の人と同じ行動をする」ということが挙げられるわけですが、これはまさしく典型的な日本人気質を表しています。

しかし、確かに、言われてみればその通りで、普段、エスカレーターを利用する時に、立ち位置のことまで気にする人はあまりいないと思います。意識しているか無意識でいるかにかかわらず、関東や関西の人たちは、ある一定のルールに従ってエスカレーターを利用しているのですが、仙台はあまりローカルルールというものにとらわれずに自由に生活している、ということがわかります。

なお、何故この様な風習が生まれたかは定かでははりませんが、元々、仙台エリアは、地元生まれの人は意外に少ない地域で、進学や就職、転勤などで県外から移住してきた人が多い地域なので、ローカルルールに縛られずに、各自が互いに譲り合って、住みやすい地域にするように心がけるようにした結果が今のこのルールとなっているのだと思います。
※なんとなく左立ちが多いのは、関東に近く、関東から来る人が多いため?ではないかと思っています。

なお、個人的には「前にいる人と合わせることが一番ラクで失敗しない(変じゃない)から」ということも理由の一つではないかとは思っています。(実際、関西に行けばすぐに右立ちにも合わせられます)

決まったルールがないということは、いろいろな地域の出身者が暮らす街ならではの生活の知恵だと言うことができます。

スポンサーリンク