仙台名物・牛タンの誕生秘話。牛タンが人気となったきっかけとは?

仙台名物・牛タンと味太助と誕生秘話

仙台名物の牛タン

今や仙台と言えば牛タンと言われる位、仙台名物として有名な牛タンですが、そもそもの牛タンの発祥は仙台市内にて飲食店を経営していた店主の佐野啓四郎氏が、食材である牛タンを使用した牛タン焼きを考案し、商品として提供した事が始まりです。

戦後の昭和二十年代、終戦直後の仙台市には戦争によって夫を亡くし未亡人となった女性たちが中心となり、焼き鳥屋を始めとする飲食店を経営する事で生計を立てている人々が多く存在していました。

佐野氏もそんな女性たちに交じり飲食店を経営していた中、数々のトラブルの仲裁や解決などにも佐野氏が活躍し、それらの事から周りの助言もあり「一心太助」から一部を取った、太助を店名にした事からその後の発祥の店、太助、後の味太助が誕生します。

スポンサーリンク

元々和食職人であった佐野氏は、当時仙台市内で乱立していた焼き鳥屋との差別化を図ろうと試行錯誤していました。

そんな中、洋食屋を経営していた友人が作ったタンシチューを食べ、その味に魅了された事により、牛タンを使った新しい商品を提供する事に至ります。

しかし食材の確保などの問題に直面し、商品化するまでには様々な苦労がありました。

食材を確保した後も、特に牛タンの皮の剥き方には頭を悩ませましたが、切り身にして塩で寝かせてから調理するという手法を考案してからは少しずつ商品化に向けての道が開けていきました。

その後、包丁を入れる際の肉の厚さや熟成期間、塩分量、焼き加減などを研究し、現在の牛タンが誕生しました。

味太助 本店:

牛タンが人気となった理由

しかし苦心の末に商品化した後も、すぐには牛タンの人気に火がつく事はありませんでした。

当初は、元々が洋食の食材として使われていたという事もあり、一般の人々の間では馴染まずに一部の人々にとっての珍味としてのみ受け入れられた程度でした。

牛タンの発祥秘話

しかし、高度経済成長期に他の地域から転勤などで仙台市に移り住んだ人々の間で人気を集める事となり、その後、東京でもその存在が広く知れ渡る様になりました。

更にマスコミなどでも紹介された事も拍車となり、一般的な牛肉などと比べて脂肪が少ないなどといった事も手伝って、健康志向の人々を始めとする多くの人に受け入れられる様になりました。

次第に仙台名物に

しかしまだこの時点においても依然として食材の確保は困難であり、一部の老舗と言われる店舗でしか提供が出来ない状況が続いていましたが、1990年代初頭の牛肉輸入自由化をきっかけに安価で大量の牛肉が入手出来る様になり、それ以降には新しい店舗が増えていき、より広く受け入れられる様になりました。

この流れを受け、アメリカ産の牛肉を使った商品を安価で提供する店舗がある一方で、輸入された食材を使って名物料理を提供するという事に異議を唱える人々も存在し、その声に同調する様に、あくまで地元の和牛を使用した商品を提供する店舗も出現しました。

アメリカ産の牛肉を使って商品を提供している店舗では、調理法などが仙台での発祥であるとして仙台発祥と名乗っている店舗も存在しており、各牛タン店は、それぞれの理念のもと、牛タンを提供していると言えます。

スポンサーリンク