仙台名物・牛タン寿司が食べられる仙台平禄に行ってきた

仙台平禄に行ってきた

この間仙台に戻ったとき、久々に実家の近くにある回転寿司のお店・仙台平禄(平禄寿司)に行ってきました。

入り口にある巨大マグロ

店の入り口に飾られているこの巨大マグロ…
多分これでお分かりの地元の方も居ると思いますが、行ってきたのは、六丁の目交差点にある「仙台平禄 仙台本店」

仙台平禄は平禄寿司の系列店で、仙台ではこの本店の他に仙台一番町店、仙台クリスロード店、仙台南仙台店、仙台榴岡店と各エリアに店舗がある有名な回転寿司店です。

今回はこの仙台平禄の歴史や牛タン寿司などとても特徴のあるネタを紹介していきます。

スポンサーリンク


仙台平禄(平禄寿司)の歴史とお店の特徴

仙台平禄の系列である平禄寿司の前身は、1958年にオープンした日本最初の回転寿司店である「元禄寿司」。この元禄寿司のチェーン店として1968年にスタートした平禄寿司は東日本最初の回転寿司店です。

最近の店舗ではタブレットでの注文が主流になりましたが、以前は食べたいものを自分で伝票に書いて、カウンターの板前さんに渡すシステムが主流で、最後にお皿を数えて会計するシステム、寿司に透明の半球状のカバーが乾燥防止にかかっていたりといったレトロな雰囲気は未だに残っています。

また、女性の寿司職人さんも大勢いたりと地元のなじみのお寿司屋さんといった雰囲気が感じられます。

回転寿司名物-皿の枚数数え

座席に関しては、他の回転寿司屋と同様にカウンターや家族向けのボックス席があり、ディナーでも一人2000円くらいの予算、そして平日のみのランチメニューもあり、実はビジネスマンにも人気になっています。(折詰のテイクアウトも可能)

なお、JR仙台駅東口のサンプラザ近くにある榴岡店では出前も請け負ってくれるので、花見の季節には榴岡公園の花見の場所まで配達してくれます。

仙台本店:

クリスロード店:

仙台平禄のネタについて

さて、寿司といえば一番大事なのはネタですが、仙台平禄(平禄寿司)の最大の特徴はこのネタにあると個人的には思っており、使われているネタは宮城や仙台のネタが多いことが印象的です。

仙台名物金華さば、たら白子の澄まし汁、めかじきたたき、蒸し牡蠣タルタルなど贅沢な寿司がそろっており、これらを100円、130円、160円といった具合で、また旬の素材でも220円と半分以上がこの価格帯になっており、コスパに優れています。

牛タンもある

そして仙台平禄の代名詞?である牛タン寿司。これ、正直、ここ以外では見たことがないです(笑)

注文すると、職人さんが肉をバーナーであぶって出してくれるので、その焼いているところを見るのも楽しいです。

また、サーロインステーキ貫、牛タン寿司、仙台芋煮汁、シーフードマリネ、フライドポテト、大学芋などのメニューもあり、寿司じゃ無いメニューも多いですが、なかなかクオリティが高いネタが揃っています。

これら以外にも、仙台ささかま、仙台長茄子漬、三陸産ほやなど仙台特産品マークがつけて観光客の方にもわかりやすいようにしてあります。

平禄寿司のサーモン

もちろん普通のネタも豊富にあり、生うに、ベニズワイガニ、オーロラサーモン、大トロなどの豪華なお寿司も気軽に食べられますし、旬のものは特選セットなどでお得なサービスをしていることが多いです。

大盛マヨコーン、手作りツナサラダ、豚カルビ、ウズラの卵がのったお月見まぐろ、アボカドダブルシュリンプなど創作料理のお店のようなバラエティ豊かなメニューが用意され、お酒やビールのつまみとしても最適。シャリとのバランスがよく、酢が強めでおいしく食べられます。

また、お茶にかんしては緑茶だけでなく玄米茶も一緒に準備されており、カフェインを気にする方に配慮したサービスといえます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

個人的に仙台に戻ったらけっこうな確率で行っているのですが、ネタも新鮮でおいしく子どもの頃から親しんでいるので、忘れられないお店の一つです。

冒頭に書きましたが、仙台平禄はこの本店の他に仙台一番町店、仙台クリスロード店など中心部にも多数の店舗があるので、訪れたことの無い方は是非一度訪れてみて下さい。

スポンサーリンク