北海道新幹線が仙台市に与えるメリットとデメリット

北海道新幹線、2016年3月26日開業

北海道新幹線、開業

2016年3月26日に開業した北海道新幹線。

まずは、新青森〜新函館北斗駅が開通するこの北海道新幹線は、東北新幹線と相互直通運転を行うため、東京〜仙台を経由して新函館北斗駅まで1本で結ばれることになります。(今後の予定としては長万部や小樽、そして北海道の中心都市・札幌まで延伸が予定されています)

現在、東京駅から新青森駅までは約3時間で行けるため、東京駅から新函館北斗駅までは4時間程度かかると言われており、昔は1日かけてこの距離を移動してきたことを考えれば、このスピードは大変驚異的です。

ただ、そうなってくると、気になるのは既存の交通機関に与える影響、特に空の便への影響です。

羽田空港から函館までの飛行時間は1時間半程度なので時間では明らかに空が上回りますが、費用面では断然新幹線が安くなり、ここの価格競争は今後注目すべきでしょう。

また、仙台としても、北海道からのアクセス手段が増えることにより、観光の面での影響や既存の交通機関への影響が出てくる可能性があります。

スポンサーリンク

北海道新幹線開通による、仙台が受けるメリット

北海道新幹線が開通することでのメリットは、北海道民への良いアピールのチャンスになるということ。この例としては、2015年に開通した北陸新幹線が挙げられます。

北陸新幹線が開通した際には、富山駅や金沢駅の周辺地域のPRが全国のテレビで流されました。
1度北陸新幹線に乗ってみたいという人がこの機会にこぞって訪れるようになり、観光客は増えています。

また、途中駅である長野駅の観光客は開通以降増えているというデータも出ています。
北海道新幹線の開通で、改めて新青森や盛岡、仙台が再び注目を集めることが予想され、1日に設定されている13往復の新幹線のうち10往復が東京着、1往復が仙台着であることから、北海道から仙台へと足を運んでもらいやすい環境が整います。

もちろん、北海道民へのイベント・お祭り・観光のPRをしていくことで、アクセスがより快適となる仙台に足を運んで貰うことを目指す努力は続けなければなりませんが。

仙台へのデメリットとは何か

逆に開通のデメリットは、メリットとは正反対となりますが、途中駅を通過する人が多くなってしまう可能性があることです。
これが意味することは、良い面でも悪い面でも北海道新幹線の開通で影響が出やすいということです。

北陸新幹線では、途中まで大宮駅や長野駅を通過して富山駅や金沢駅へ行くことになります。
北陸新幹線が開通したことで長野駅やその周辺の観光客は増えましたが、まだ開業初年度のため、長期的にどうなるかは不透明です。

また、函館という、北海道の比較的南端までの開通が、観光客にもたらす影響度もまだ不透明なところがあります。
札幌まで開通すれば影響力は大きいですが、予定では2031年と言われており、北海道から仙台への観光客がどれだけ見込めるかわかりません。

北海道新幹線の起点駅となる新青森駅:

民営化する仙台空港。空の便への影響は少ない?

北海道新幹線と仙台空港との関係は

スカイマークの仙台空港-新千歳空港の便が撤退となり、仙台と北海道を結ぶ便は、現在ANAとJAL、AIRDOが就航しています。北海道新幹線開通により、特に函館方面へのアクセスが改善されることである程度これらの便への影響が出てくるでしょう。

ただし、仙台空港は、路線が西日本の空港とより密接につながっているため、空港全体としてはその影響は限定的であると考えられます。

ピーチの拠点化をはじめ、ハブ空港としても注目されているため、そこから新幹線にうまくつなげることを考えた方がいいかもしれません。

これより影響が出やすいのは、仙台〜苫小牧間を就航するフェリーが考えられます。
ただし、こちらもゆっくりとした船旅ができるという点と、マイカーでの旅行という需要の点を見ればそこまで大きくはないのかなと考えています。


どちらにしても、北海道にアクセスする、また北海道からアクセスができる選択肢が増えることは歓迎すべきことです。

新幹線の開通でチャンスもピンチも生まれていますが、大事なのはこの機にどれだけPRできるかではないでしょうか。

スポンサーリンク