懐かしい雰囲気がこの場所に。仙台いろは横丁の歴史とその魅力

THE・横丁の風格がある、仙台のいろは横丁

いろは横丁は仙台の昔ながらの横丁
 

仙台駅からもほど近い場所にありつつも、昭和の懐かしい雰囲気を醸し出す仙台のいろは横丁は、地元の人々に親しまれ大切にされている場所のひとつ。

管理人が仙台で働いていた際も、何度かこのいろは横丁を訪れたことがあります。

 

この近くは仙台市地下鉄東西線・青葉通一番町駅が新たに開通予定。新しく発展していく仙台を見せる一方で、このいろは横丁はおよそ70年の長い歴史を持ち、今後も懐かしい雰囲気を残していってほしい場所だと思います。

そんないろは横丁について、今回は取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

いろは横丁の由来とアクセスについて

いろは横丁と名付けられた理由は、この横丁の住所が、「仙台市青葉区”一番町2丁目3番地”」のため。

壱・弐・参から、いろは、と呼ばれたことが由来です。

少し狭い通りには、古いお店も残しながら新しいお店もオープンして120件ほどのお店が立ち並び、衣料品や雑貨・日用品のお店だけではなく、休憩にはちょうど良いカフェやランチ、ピザやフレンチのお店もありと店の種類は豊富です。

 

 

いろは横丁には、仙台駅からはTSUTAYAのある南町通りをずっとまっすぐ西へ向かうと徒歩10分くらいでたどり着きます。

このため比較的足を運びやすく、また入り口は青葉通り側と南町通り側にそれぞれあります。

また、青葉通りサンモール一番丁商店街のアーケードに隣接しており、SIRIUS一番町(仙台市地下鉄東西線・青葉通一番町駅)も最寄りとなります。

 

いろは横丁の歴史や周辺の観光スポットについて

いろは横丁の歴史は、仙台空襲で打撃を受けた町の復興をするために始まりました。

ずいぶん昔の事になりますが、昭和21年に中央公設市場が出来た当初は、仙台市の人口は急激に増えました。

生活に必要なものを買い揃える事が可能なこの市場に日中、夜と問わずにたくさんのお客さんが来ており、大変にぎわっていました。

お店で働く人たちも休むことも少なく働いており、ここのいろは横丁もこのような働く人たちやお客さんで賑わっていたと聞きます。

 

 

さて、このいろは横丁は、映画「重力ピエロ」のなかでも重要なシーンが撮影された場所でもあり、一部では仙台の話題のエリアとして注目を集めたこともありました。

いろは横丁の周辺には映画館や空き地があり、興味のある映画が上映される時には、映画館に寄った帰りなどにいろは横丁をぶらぶらと歩くのも良いかもしれません。

いろは横丁は仙台のサンモール一番丁商店街のアーケードに隣接し、周辺には縁結びの神様である野中神社などがあるため、興味がある方は合わせて訪れることをおすすめします。(→仙台の隠れパワースポット・野中神社の特徴と歴史について)

 

スポンサーリンク