仙台の古墳は若林区に多い? 遠見塚古墳・猫塚古墳・方領塚古墳の特徴と歴史

仙台の古墳の多くは若林区に集中している

仙台市を構成する5区のうち南東部に位置する若林区は、広瀬川・名取川・太平洋に囲まれています。

西側は住宅地、東側は水田地帯で、北部の卸町には仙台の台所、中央卸売市場が立地。
水に恵まれたこの地域は、実は、現在の仙台の中心地の青葉区よりも歴史が古く、南小泉地区を中心に多くの古墳が存在しています。

今回はこの仙台市若林区に存在する古墳にスポットを当て、その中の代表的な古墳を紹介していきます。

スポンサーリンク

巨大な前方後円墳・遠見塚古墳

若林区の数ある古墳の中で特に有名なのは、まず遠見塚古墳、それから猫塚古墳、方領塚古墳です。
名取市にも雷神山古墳や観音塚古墳などがありますが、仙台市の地図で見ると若林区に古墳が集まっています。

遠見塚古墳は、4~5世紀に作られたものとされています。

巨大な前方後円墳で、長さは全体で110mあり、宮城県内では雷神山古墳に次ぐ2番目の大きさ。
1968年に国の史跡に指定され、1975年には仙台市教育委員会の調査で周囲の堀が確認されており、現在では広大な史跡公園となっていますが、過去には周辺のバイパスの整備や霞目駐飛行場の拡張工事によって一部が破壊され今の形となりました。

この古墳の中には中には7m弱の木棺が置かれていて、広くこの地域を治めた首長の墓と言われています。
なお、この遠見塚古墳のすぐそばにある遠見塚小学校では、古墳からの出土品が保存されています。

遠見塚古墳は巨大な前方後円墳

ところで、この近辺は南小泉遺跡と呼ばれ、弥生時代からの出土品が多く発掘されており、これらの遺跡から、仙台平野では弥生時代には稲作が行われていたことがわかります。

出土品には、祭祀が行われていたことを示す土師器や須恵器だけではなく、畿内地方からの石刀や鉄の矢じりなどもあり、この地域の首長が畿内地方と関わりがあったことを物語っています。

遠見塚に埋葬された首長が仙台平野を支配していた人物で、名取市の雷神山に眠る首長はそのあとを受けて領土を拡張した人物とも言われています。

東北最大の円墳・方領塚古墳

方領塚古墳は、若林区役所の近くの聖ウルスラ学院英智小中学校・高等学校一本杉キャンパスの敷地内にある、後期古墳時代特有の横穴式石室を持つ東北最大の円墳です。

直径は32mで高さ6m、青銅器の破片や鉄の馬具が出土しており、7世紀ごろの豪族の墓とされていて、その真上には大きなケヤキの木がそびえたっています。

なお、この古墳はキャンパスの敷地内にあるため、一般の方は立ち入ることはできませんが、仙台市地下鉄東西線・薬師堂駅から歩いて行くことができる距離にあります。


猫塚古墳の伝説

猫塚古墳は、先ほどの方領塚古墳より少し南に存在する少林(わかばやし)神社の下にあったと言われる古墳です。

現在この古墳は破壊されており、その姿を見ることはできませんが、直径7mを超える円墳だったとする説や、前方後円墳の円形部分とする説もあります。

猫塚古墳のポケストップ

なお、この古墳の「猫塚」という名前の由来に関しては、以下のような伝説が残っています。

昔、とある屋敷で一匹の猫が飼われていました。
ところがその猫は、その家の奥さんが厠へ行こうとすると、そのたびにしつこくつきまとうのでした。
奥さんはなかなか厠へ行かせてもらえず、大変な目にあいました。
ある日、いつものようにじゃまをする猫を、その家の主人がとうとう首をはねて殺してしまいました。
奥さんが嘆き悲しむ中、猫の首だけが天井へと飛んでいき、そこに隠れていた大蛇の首にかみつきました。
猫は愛する家族を一所懸命に守ろうとしていたのです。
その家の人達は後悔に暮れ、その猫を手厚く葬り、塚を築いたということです。

古墳と仙台地底の森ミュージアム

1500年前、現在の若林区には、川の恵みを受けた肥沃な土地に豊かな水田が広がり、その生産力をもとに大首長を中心としたムラ社会が出来上がっていて、その集落はさらに南北へ、また西へと拡大していきました。

広い古墳の傍らに立っていにしえに想いを馳せると、当時の人々が田を耕し稲を育て、首長のもとに神をまつり、懸命に暮らしていた様子が目に浮かんできます。

なお、太白区にある仙台地底の森ミュージアムでは、過去に古墳の企画展が行われたこともあります。
富沢の遺跡を常設展にて展示をしているため、古墳や遺跡に興味がある方は、こちらのミュージアムも一度訪れてみては如何でしょうか。


スポンサーリンク