五橋・仙台市立病院跡地の利用についての考察。やはり大学がベスト?

五橋の仙台市立病院跡地の利用について

今回は、五橋の仙台市立病院跡地の再開発について考察します。

私個人としても、祖父母が仙台市立病院に入院していたこともあり馴染み深い場所で、また地下鉄の利用や、通勤通学・バスなどで近くを通ることが多々あったため、関心が高い話題です。

スポンサーリンク

以下、少し長いですが河北新報のニュースを抜粋します。

仙台市立病院が昨年11月に太白区あすと長町に移転し、売却予定の若林区清水小路の跡地利用に関心が高まっている。
「交通アクセス良好な市中心部にある上、まとまった面積を持つ貴重な物件」(市内の不動産業者)と、跡地1.8ヘクタールに注がれる視線は熱を帯びる。
市は一等地という面を重視。まちづくりの視点を加味して売却の方法や条件、スケジュールを慎重に検討する方針だ。

 跡地は市地下鉄南北線五橋駅に近く、目の前を国道4号が走る。周辺には東北大と東北学院大のキャンパス、商店街があり、昼間人口も多い。
 利便性が高いだけに、デベロッパーや不動産業者が興味を示しているとの観測が飛び交う。東北学院大も跡地を取得し、泉区の泉キャンパスを一部移転する構想を抱く。
 市は売却益を新病院の整備費に充てる方針だが、単なる公有地とは事情が異なり、都市機能向上につながる利用が望ましいと判断。

 注目される跡地に関し、市内の不動産業者は「病院が立っていたため、マンション開発業者は敬遠するのではないか」と指摘。

 「企業の自社ビルや結婚式場、ビジネスホテルが想定される。立地を考えれば、坪単価は100万~150万円でも手を挙げるところが出てくるはずだ」とみる。
 市が関わった市内の大規模な土地売却では、昨年1月に約220億円で落札された青葉区の東北大雨宮キャンパス(9.3ヘクタール)のケースがある。同大は市、仙台商工会議所と協議し「医療・福祉・健康増進」「商業・生活利便」「まちなか居住」の各機能を備える土地利用を売却条件とした。

引用元:仙台市立病院跡地どうなる?式場やホテル…(河北新報 Online News)

仙台市立病院の跡地に関しては、都心の一等地ということもあり様々な憶測が飛んでいましたが、人が集まりやすい土地で周辺への経済波及効果が高いことが予想されるため、仙台市としても、貴重な再開発用地と位置づけて検討するのは当然かもしれません。

以前、私は代ゼミ仙台校が東北福祉大キャンパスに。各大学の都心集中の流れは加速する? の記事で、学都仙台を名乗るには東北学院大学が土地を取得することが良い、と書いてはいましたが、周辺を見ると大学以外にも、荒町商店街や多数のマンション、アイリスオーヤマやNTT東日本を主にする企業の自社ビルが乱立しているため、この土地がどのような用途に用いられても不思議ではありません。

さすがに仙台駅の徒歩圏からは外れるため、EDENのような完全な商業施設は無いにせよ、用地面積的にもウェスティンホテルのような商業施設やオフィスと一体化したようなホテルが入ってもおかしくはありませんし、その場合、商業施設には学生向けのテナントの入居も考えられます。

跡地の利用方法についての考察

さて、仙台市立病院の跡地利用にあたっては、ニュースにあるように、仙台市の考える「都市機能向上」ということに焦点を当てる必要があると思います。

これは個人的には、ニュース内で挙げられている用語で挙げると、「商業・生活利便」「まちなか居住」の役割がこの土地には求められているのかなと思います。

周辺の薬局も閉店してしまったこともあり医療施設が入居することは考えづらく、また公共施設では無いので、宮城野貨物線は旅客化、それとも廃線?仙台の広域防災拠点整備の影響を考えるの記事で書いたような防災拠点や都市公園などへの整備の可能性はありません。

そうなると跡地の利用として可能性が高いのは、やはり東北学院大学や企業ビル、ウェスティンホテルの形態に近い商業施設 + オフィスビル or マンション居住区でしょうか。

※ただし、この場合の商業施設としては周辺企業や学生が利用しやすい飲食店や手軽に利用できる杜の都 五橋横丁のような飲み屋などのテナントが考えられます。

また、地下鉄東西線に青葉通一番町駅という最寄り駅を作ることで、一番町商店街への人の流れを作り商店街再生を図った仙台市としては、既存の荒町商店街の親和性と活性化などについても考えているかもしれません。

もちろん、結婚式場やホテル単体での利用も考えられますが、周辺への経済効果の面で上記のような案がベターなのかなと思います。

大学の敷地としては狭すぎる?

視線集まる、仙台市立病院の跡地

ただし、先に挙げた仙台市立病院の跡地の利用案についてはどれも一長一短があるように思えます。

今回売りに出される土地1.8ヘクタールとは、変換すると18,000平方メートルの広さとなります。

仮に、東北学院大学が土地を取得した場合を考えてみると、泉キャンパスの広さは283,644平方メートルとのことなので、ざっくり計算でも1/16程度の広さしかありません。

大学は一部移転の構想とのことですが、キャンパスを十数階建てにするとしても少し狭いため、人数が多い学部はやはりまだ泉で、ということになりかねません。

# 野球グラウンドやサッカー場などは泉にあるため、部活動に関しては泉がメインになるかもしれませんし

マンションに関してはニュースにもある通り、以前立っていた建物が病院だったという事実からの購入者側の懸念が考えられます。

また、企業のビルを考えるにしても、一つの企業が仙台に自社ビルを構えるということはもはや難しいと思いますし、東日本大震災以降は仙台のオフィスビルの空室率が改善してきていると言われていても、人口増加率も年々怪しくなってきていることもあり、企業のオフィスとしての需要も頭打ちとなっている恐れもあります。

しかし、どうなるにせよこの土地が都心の一等地であることには変わりの無い事実なので、私個人的としては、周辺環境の活性化も含めた利用がされることを望みます。

スポンサーリンク