今は無き仙台鉄道、その路線図や歴史を訪ねる

かつて存在した仙台鉄道

今回は、戦前である1918年から1960年まで宮城県に存在した仙台鉄道という鉄道について取り上げたいと思います。

 

管理人が元来から鉄道が好きなのは、宮城野貨物線は旅客化、それとも廃線?仙台の広域防災拠点整備の影響を考えるの記事で書いた通り、実家がこの宮城野貨物線の近くにあるための影響もあるのですが、調べてみると、この仙台鉄道は時代の流れに翻弄されながらも、意欲的な新技術の導入などで仙台・宮城の発展と開拓に大いに貢献した存在であることが分かるものでした。

 

スポンサーリンク

 

仙台鉄道の始まり

仙台鉄道は、かつて宮城県仙台市の通町駅と古川市(当時)の中新田駅を結んでいた軽便鉄道で、旧名を「仙台軌道」と称し、軽便鉄道としては珍しく43.9kmの路線に20の駅を有する長大な単線鉄道でした。

 

この仙台鉄道は当初、人車軌道として計画され、のちに人力を馬力に変更されましたが、建設のための測量を開始すると、さらに蒸気の動力が不可欠と予想され三度の変更を余儀なくされた、といういきさつがあります。

 

ルートとしては、東北地方開発の中心的事業として推進された野蒜築港に接続するため、奥州街道を外れて仙台から北東の松島湾に向かう経路で計画されましたが、建設過程で野蒜築港が頓挫したため、まずは塩釜港までの建設となりました。

なお、詳しいルートはWikipediaのページに記載されていますが、通町から八乙女を経て富谷に至るというルートは、仮に現在の仙台市の地下鉄南北線が延伸されたときのルートに重なるかもしれません。(→切り札は富谷町との合併?仙台市地下鉄南北線の延伸の可能性を探る)

 

また、仙台鉄道は登坂能力が貧弱な小型ガソリン機関車を動力に採用したために、丘陵を最短ルートで直線的に横断することができずに迂回ルートが採られたことなどもあり、建設途中には色々とルートが変更され、開業までの道のりはかなり遠かったようです。

そして、開業して間も無い大正末期以降は並行道路上を走るバスやトラックなどとの競合が著しく激しくなりました。

 

仙台鉄道の発展と終焉

仙台鉄道の終わり

 

仙台鉄道の動力は当初よりガソリン機関車を採用していましたが、出力不足と戦時下のガソリン統制から蒸気も併用しました。

そして、第2次世界大戦戦後すぐにディーゼル機関車の導入を再開します。また戦後は、この種の軽便鉄道によくあった客車の気動車化や2軸単車の新製気動車を導入しましたが、よく見られた単端式ではなく、両運転台式を採用するなど、車両技術面では意欲的な面もありました。

 

しかし、戦後の占領期には王城寺原関連の軍事輸送がなくなったことや、バスとの競合によって乗客が減少したことにより経営が悪化していきます。

 

小口輸送においても、流通の主体がトラックや荷役馬車となって苦境に立たされ、さらに1947年のカスリーン台風、1948年のアイオン台風と2度にわたる台風の被害に遭い、鉄橋や線路が流されてしまうという憂き目にあいました。

最終的にこの被害は復旧されましたが、復旧費用の支出により経営が著しく悪化してしまい、1950年の風水害を期に、路線の大部分である北仙台 – 加美中新田間約40kmを廃止し、バスに転換することとなりました。

その後は加美中新田 – 中新田は陸羽東線と中新田市街を結ぶ3km強の支線的な状態で細々と運行されていましたが、1960年ついに全線が廃止されることとなりました。

 

仙台から現在の宮城県大崎市を結ぶような鉄道である東北新幹線、そして道路でいえば東北自動車道ですが、そのような線のつながりを見ていると、当時の仙台鉄道のルートの名残を見ることができるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク