仙台地下鉄東西線の路線図を眺めて改めて気づいたこと

仙台 地下鉄東西線が2015/12/6に開業

仙台市地下鉄東西線が2015/12/6についに開業となりました。

これまで広瀬川橋りょう市民見学会や車体の見学から始まり、トンネルウォークや国際センター駅の見学、そして管理人も参加した WE STAGE 市民記者のイベント列車の乗車など、体験イベントでしか目ですることができなかった車両が、これからは実際に交通機関として運行を開始します。

WE STAGE イベント列車レポート:


スポンサーリンク

仙台地下鉄東西線の路線図から分かること

ところで、前述のトンネルウォークが行われた「国際センター駅~青葉通一番町駅」の間は、約1.5キロメートルの距離となりますが、大町西公園を間に挟んだ3駅の間隔の割にはやけに短いなと思います。

そこで、仙台地下鉄東西線および地下鉄南北線について、各駅の場所が載った簡易的な路線図を見てみました。

※東西線はパンフレットの写真、南北線はGoogleマップです

・仙台 地下鉄東西線の路線図 (八木山動物公園駅〜荒井駅)
仙台市地下鉄東西線 簡易マップ

まっくるのマップ

駅の所要時間

・仙台 地下鉄南北線の路線図 (富沢駅〜泉中央駅)

まず、東西線の全長は13.9 kmで、南北線の14.8 kmと比べると大きな差はありません。

しかし、路線図からは東西線は比較的各駅の区間が短いものが多く(仙台駅以西は特に顕著)、川内以西と宮城野通より先の若林区の駅が距離を稼いでいる印象があります。

※余談ではありますが、私の地元である若林区にある連坊駅~薬師堂駅は、路線図上では距離がありそうですが、実際に歩いて見るとあまり距離は無いです

ところで、駅の立地に関して言えば、様々なところで言及がされていますが、採算性という点が重要視されています。
仙台市地下鉄東西線の開業によるメリットの記事でも触れましたが、仙台城址や八木山動物公園などの観光スポットや、各大学、住宅地を結ぶような線を描くことで、通勤通学と観光に特化した路線になっています。

また、綺麗に南北を繋いでいる地下鉄南北線と比較すると、地下鉄東西線は、太白区と若林区の北部を縦断しているためそれぞれの区の南部からのアクセスは、正直仙台駅に行くより遠いのではと感じてしまいます。(若林区のバスは薬師堂駅と荒井駅に結線します)

仙台地下鉄東西線の延伸はあるか

これは個人的な意見となりますが、仙台市地下鉄東西線については延伸はほぼ無いと思っています。

大きな理由としては既に有名になっている赤字路線という話がまず挙げられます。
地下鉄南北線でさえ、黒字化は開業してから20年の月日を要したため、南北線並みの収入が望めるか不透明な東西線では黒字化にはもっと時間を要するかもしれません。


南北線が、泉パークタウンという商業的にも住宅地的にも需要があり、延伸するメリットがありそうな場所に駅を作らないのはこの予算が大きく関与していると思います。
そのため、東西線の延伸はほぼ無いのかなと思っています。

また、延伸先の駅の場所も選定が難しいと思われます。
路線図を見てみると、延伸の可能性があるとすれば、西は向山や西多賀方面、東は仙台港方面となると思いますが、西は八木山などと比べるとそこまで住宅需要があるとは思えず、東はJRと競合するうえ仙台港まで距離があります。
震災以降、沿岸部の人口は減少傾向にあるため、やはり難しいのかもしれません。

仙台港には、2015年7月1日に開業予定の仙台うみの杜水族館やアウトレットモールがあるため、仙台港付近まで延伸すれば東は水族館、西は動物園と観光スポットを結ぶ地下鉄として人気を呼びそうではありますが…

荒井車両基地見学ツアーの様子:


経済効果は出始めている

延伸は無いという少し暗い話題を書いてしまいましたが、仙台地下鉄東西線の経済効果というか、目に見える効果は既に出始めています。

ニュースでは市内で新たなビルやマンション建設の動きは鈍いとありますが人口流入による住宅需要で、東西線の需要は延びる可能性もあります。
(八木山近辺を中心とした東西線路線一帯の地価が上昇しているというニュースもあります)

また、宮城の通り駅に近い仙台東口の新駅ビルの開発を含めた再開発(→仙台駅東口再開発で見えてくる、新しい仙台駅の風景)や、水族館を初めとした新しい娯楽施設、青葉通り一番町駅の駅ビル・SIRIUSが開業、六丁の目駅と荒井駅周辺への藤崎の6年ぶりの小型店出店どの商業施設の開業が進んでおり、仙台都市圏として一層の広がりを期待していきたいです。

スポンサーリンク