仙台市地下鉄東西線開通後も、薬師堂と若林区役所へのアクセスは車がベスト?

仙台 薬師堂での初詣

明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

個人的な話となりますが、2015年は年明け直後に車で愛宕神社に、1月1日の昼に陸奥国分寺薬師堂に行ってきました。

特に愛宕神社のほうは、毎年のことながら路面がバリバリかつ坂道で歩くのが大変、薬師堂は仙台市地下鉄東西線の駅の一つとなる場所(薬師堂駅)で、薬師堂近くの駅予定地では実際に工事が進んでいる、という印象を受けました。

そこで今回は写真を交えて薬師堂駅周辺の状況と、仙台の薬師堂へのアクセス、それから最寄りの施設となる若林区役所へのアクセスを書きたいと思います。

スポンサーリンク

陸奥国分寺薬師堂(仙台 薬師堂)へのアクセス

私は子供の頃から初詣やどんと祭でここの薬師堂を訪れていましたが、ここは初詣やどんと祭をはじめ、節分の豆まきや七五三が行われ、そのたびに毎年多くの屋台などが店を出しており、若林区を中心とした周辺地域からたくさんの方が訪れる場所です。

この陸奥国分寺薬師堂(仙台 薬師堂)への最も便利なアクセス方法は徒歩か車となり、これは地下鉄東西線開通後も変わらないと思います。

なぜなら、初詣は深夜にやるのでバスや電車がストップしている、そしてどんと祭は正月飾りなどの荷物が多いので、結局バスや地下鉄は不便なためです。

常設の駐車場は狭い一方通行の道路に面したものしかありませんが、前述のイベント時にはバス通りに面した貨物列車の線路近くに臨時駐車場が設けられます。

また、現在は移転前の聖和学園の場所が広い駐車場になっているのでそちらを使うことも可能で、基本的には止められないといった事態にはならないと思います。

坂道なうえにアクセスが完全に車と徒歩に絞られる愛宕神社と異なり、坂も無く住んでいる場所によっては地下鉄やバスでもアクセスできるのは非常に便利だと思います。

仙台市地下鉄東西線 薬師堂駅 工事進捗状況 2015/1/1

20150101-薬師堂駅工事

20150101薬師堂駅バスプール

20150101薬師堂駅出入口jpg

初詣のついでに訪れた薬師堂駅の建設予定地。

上記写真は2015/1/1時点の状況で、まだ鉄骨ですが、地上出入口と見られる建物の建造とバスプールの屋根と見られる建物の建造が始まっていました。

訪れてみると、以外とバスプールが広いスペースが確保されていることが印象的です。

なお、2015/3/31までには周辺道路も含めて完成するとあるため、あと3ヶ月というあっという間に完成の予定となります。

※これらの写真は、仙台市地下鉄東西線の開業予定日が2015年12月6日に決定の記事にも掲載予定です

薬師堂駅から若林区役所へのアクセス

最後に、薬師堂駅から若林区役所へのアクセスを見ていきます。

薬師堂駅から若林区役所に向かう道の途中の写真が↑のものです。

薬師堂駅から若林区役所近くまでは下水道の上を通る昔から舗装された1本道ですが、途中渡る道路は(以前は無かった)横断歩道となっており、若林区役所に近くなるとベンチなどが併設されるなど近年に舗装が施されました。

しかし、道は住宅地の中を突っ切るものであり、1本道の途中は、コンビニを含めて店などはありません。

周りも住宅地のため、今後店ができることなどは無く、10分~15分程度の道をひたすら歩くことになります。

2015年1月撮影:
若林区役所への道

後日撮影:
若林区役所への道

このため、若林区役所へのアクセスで最も良い方法は相変わらず車になるのかな、と個人的には思います。
(駐車場も区役所や市民センターに十分な数がありますし)

バスで行く場合は、薬師堂駅から徒歩とそれほど所用時間が変わらないため、お年寄りの方など歩くのが困難な方以外は、前述の道を歩く選択肢もあることを考えていた方が良いと思います。

なお、仙台市営バスの路線再編(→仙台市地下鉄東西線が出来ることによるデメリットを考える)により、元々バスで若林区役所まで来れた荒町方面からのアクセスは、薬師堂駅の方向にバスが曲がる前に降りて徒歩で向かうのがベストと思います。

スポンサーリンク