仙台うみの杜水族館のイルカショーに期待

マリンピア松島水族館の飼育員による仙台うみの杜水族館のイルカショー

2015年7月1日開業予定の仙台うみの杜水族館の目玉の一つであるイルカショーの話題がニュースになっていたので、今回、取り上げてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

仙台市宮城野区で建設が進む新水族館の飼育員たちが、横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)で、イルカの訓練に励んでいる。
2015年7月に開業予定の新水族館は、約1000人が楽しめる東北最大級のイルカショーが目玉の一つだ。大勢の観客から拍手喝采を浴びる日を夢見て、イルカとともに成長する日々を送っている。
マリンピアは、15年5月に閉館する。新水族館が動物や魚を引き受け、シーパラダイスを手がける横浜八景島が中心となって運営を行う。
約30人の飼育員なども大半が移るが、大がかりなイルカショーの経験はない。
そこで約2000人が収容できる大規模なステージがあるシーパラダイスで訓練を受けることになり、7月から本格的に始まった。

引用元:イルカ、八景島に出稽古…来夏開業の水族館から(読売online)

 

マリンピア松島水族館の飼育員の方が、仙台うみの杜水族館の飼育員となって、イルカショーも行う。

もしかすると既に報道などあったのかもしれませんが、魚や動物(海獣)は移設されるという話があっても、マリンピアの飼育員の方が仙台うみの杜水族館に移って何かをする、といった話題は出てなかったので、個人的には嬉しいニュースです。

そして、今までイルカショーの経験が無かったため、運営母体のひとつである横浜・八景島シーパラダイスにて訓練を行っているそうです。

 

確かに、言われてみると私もマリンピア松島水族館では、アシカショーやペンギンの行進は見たことがあれど、イルカショーを見た記憶がありません。
(といっても数える程しか行ってないのですが…なお、ピラニアや、松島水族館の閉館理由の記事で書いた常に寝そべっていた気がするでかいマンボウは印象に残っています)

東北地方でイルカショーをおこなっているのは浅虫水族館(青森県)だけらしいので、「東北でイルカショーを見れる場所」として、スキルのある調教師・トレーナーになって帰ってきて貰いたいですね。

 

なお、八景島シーパラダイスのイルカショーの動画があったので、参考のため、以下に載せます。

 

 

イルカの訓練について

ところで、気になったのですが、イルカ調教の訓練というのはどのようなことを行うのでしょうか?
「個人的にはエサで釣っている(失礼w)、ご褒美にエサをあげている」といったイメージしか無かったのですが、簡単に調べてみたところ以下のように書いていました。

 

調教は、まずイルカにエサを受け取らせることから始めます。
最初は用心しているイルカも、持ち前の好奇心で調教師のそばにやってきてエサを受け取るようになります。
このとき同時に笛を吹く。これをくり返すうちに、笛とエサとの結びつきがイルカにわかってきます。
これを基本にいろいろな動作を訓練し、うまくできたときに笛を吹く。ショーで見られるさまざまな演技はこれを応用したものです。

引用元:イルカ調教師(さんぽう進学ネット)

 

どうやら、笛とエサの結びつきが重要なようです。
ちゃんと出来たら、ご褒美をあげる、とのこと。これは他の動物とも同じですね。

というか、これだけが基本で、あとは動作を学ばせるということだったんですね。

冒頭のニュースでも、「芸ができた時、できなかった時の対応をはっきり区別する」といったことが書いてありました。

 

ところで、動作を学ばせるのも大変だと思うのですが、↑の動画に出てきた水面からの顔出し立ち泳ぎ(?)とかはどうやって訓練したんでしょうか?
(エサを高いところにつるした、先輩イルカと一緒に訓練する、とかでしょうか)

 

仙台うみの杜水族館のイルカショーに期待したいこと

さて、最後になりますが、仙台うみの杜水族館のイルカショーはどのようなものになるのでしょうか?

八景島シーパラダイスのイルカショーを踏襲した形になるのは勿論だと思うのですが、冒頭のニュースでは「コミカルで思わず笑ってしまうのが『マリンピア流』。そこは残したい」というコメントもあり、笑いがとれるショーの路線も進めていくのかな、と思います。

 

私個人としては、以前、ゲーム実況の記事でも書きましたが、お客さんに楽しんで貰えるコンテンツを提供するにはやっている自分が楽しめることが重要と考えているので、調教師(トレーナー)も楽しいと感じるショーにしてもらえたらな、と思っています。

なお、八景島シーパラダイスではイルカショー以外にも、「ふれあいラグーン」というものがあり、イルカと直接ふれ合うことができるようです。これは素晴らしいです。

 

 

仙台うみの杜水族館では、マリンピア松島水族館に引き続き、ペンギンやアシカとのふれあいコーナーも設けるとのことなので、是非イルカとの触れ合える機会を設けてくれればと思います。

新水族館は従来よりもアクセスが良くなり、お客さんもたくさん来ることが予想されるため、イルカの素晴らしさをもっと伝えられるチャンスになるのかなとも思います。 (→  仙台うみの杜水族館へのアクセスを考える)

 

スポンサーリンク