新設される路線は?ピーチが仙台空港を拠点化&新国際線就航

ピーチによる国内線拡充と新国際線の就航

ピーチ、仙台空港を拠点化

 

先日、格安航空会社(LCC) ピーチ・アビエーションが仙台空港を拠点空港とするとの発表がありましたので、今回記事に取り上げます。

なお、ピーチ・アビエーション(以下、ピーチ)は、仙台空港を拠点空港化するだけでなく、新規国際線の就航も見込んでいるとのことです。

 

スポンサーリンク

 

まず、河北新報のニュースを以下に抜粋します。

 

関西空港を拠点とする格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションが、仙台空港を新たな拠点空港と位置付ける方向で調整を進めていることが6日、分かった。
国内線の路線拡充や国際線の新規路線開設なども見込まれる。国は2016年3月の仙台空港民営化を目指しており、LCCの拠点化は追い風になりそうだ。

 関係者によると、ピーチは17年夏までに、仙台を関西、那覇、成田の各空港に次ぐ第4の拠点とする。仙台空港に夜間駐機し、国内線に加え、アジアと結ぶ国際線の複数路線を就航させる見通し。
現在は関西線(1日3往復)のみの路線数を大きく増やす。

 仙台空港民営化も拠点化を後押したとみられる。民営化後は着陸料の引き下げなどが見込まれており、コストを重視する経営スタイルのLCCにとっては新規路線を開設しやすい環境が整う。
 ピーチは現在、国内に10路線、海外に7路線を展開している。仙台空港には東北初のLCCとして、13年4月に関西線を就航させた。

引用元:ピーチ、仙台空港を拠点化 国際線も就航へ(河北新報 Online News)

 

現在、仙台空港の民営化に関しては運営事業者の選定が進められている段階ですが、この指針として「航空ネットワークの拡充とLCC拠点化誘致」がありました。

その中で今回のピーチの就航は、この指針に沿うグッドニュースとなります。

 

拠点化(ハブ化)は2017年夏頃を予定しているとのことなので少し先の話にはなりますが、仙台空港の利用者数の更なる向上に繋がることは間違いなく、民営化による狙い通りの効果が早くも出たというところになります。

なお、拠点化に向けては宮城県とこれから支援策などについて話し合いを進めるとのことです。

 

就航が予想される新規路線

狙いどおりの仙台空港の活性化

 

さて、次に就航が予想される新規路線について仙台空港Peach Aviationのウィキペディアのページを見ながら考えてきます。

 

まず国内線ですが、既存の関西線(関空への便)に加え、ピーチの拠点空港となっている那覇への路線、そしてスカイマークが運休する新千歳空港や福岡などへの路線の路線が考えられます。

これらは既に親会社のANA(全日空)が路線を就航しているため、簡単に実現するかどうかは分かりませんが、今後の調整次第で十分可能性があるのではないでしょうか。

また、仙台空港発のANAの便が無く、ピーチが関空から就航している便として、松山や長崎、鹿児島などがあるため、これらの地域への新規路線も期待されます。

なお、国内線の増便に関しては既存の便の搭乗率などで需要を測る必要がありますが、これに関しては、仙台空港に就航している国内線の搭乗率のデータをまとめましたので、こちらも参考してください。(→スカイマーク仙台空港撤退。データで見る今後が「ヤバい」路線とは?)

 

次に気になる国際線ですが、既に他社の便が就航している韓国・ソウルと台湾の便の拡充、加えて香港への新規就航が期待されます。

特に香港は、仙台空港からの直行便として2011年まで香港ドラゴン航空の便があったのですが、現在は路線が無く、直行便の復活は喜ばしいところです。

また、ピーチは将来的に那覇空港からホーチミンやハノイ、バンコク、クアラルンプール、シンガポールなどへの就航も検討しているそうなので、これらの地域への就航も今後は考えられます。

※管理人としては、香港とバンコクへの便の就航を大いに期待しています

 

仙台の観光波及効果の期待と仙台空港の運営権の行方

仙台空港への就航便が増えることによる最も高い効果としては、観光産業への波及であるといえます。

宮城県以外に目を向けても、東北には平泉や温泉郷・各地方の祭りなどの魅力的な観光資源(コンテンツ)が揃っているので、東北を訪れたことの無い方には是非訪れて頂きたいです。

なお、2015年は宮城・仙台への観光旅費半額施策が実施されるため、これが成果を上げることで、ピーチのLCC路線拡大後もこの施策が継続されるかもしれません。

 

ところで、現在、仙台空港の運営権を争うのは三菱地所 & ANAホールディングス や 東急電鉄 & 東急不動産などの各連合となっていますが、ピーチの運行数が増加すると仙台空港はANAのグループの路線がかなりの割合を占めることになります。

三菱地所 & ANAホールディングスが運営権を得ることで他の航空会社に影響は出るかもしれませんが、空港と航空会社の一体運営により、ピーチの運行に関してはより本数の増加なども期待できるかもしれません。(あくまで初心者目線ですが)

なお、仙台空港の民営化に関しては以下で記事を書いていますので、宜しければこちらも合わせてご参照ください。(→仙台空港民営化のメリット。空港は新たな観光スポットとなる?)

 

スポンサーリンク