仙台市地下鉄東西線 乗車レポート WE STAGE市民記者

仙台市地下鉄東西線に市民記者として乗車してきました

前回に引き続き、今回も仙台市地下鉄東西線 WE STAGE 市民記者のレポートをお届けします。

今回は八木山動物公園駅〜荒井駅までのイベント列車に乗車した際の、数々のパーフォーマンスや列車の乗り心地などについてレポートしていきます。

スポンサーリンク

WE STAGE 駅ごとのイベント: 感想

仙台市地下鉄東西線 WE STAGEでは、駅ごとに(あるいは走行中に)イベントが開催されます。

イベントとは、主にその駅にゆかりがある団体が演奏や演劇などのパフォーマンスを行うものですが、ここではその中で特に印象的だったものを紹介していきます。

大町西公園駅の様子:

大町西公園駅での伊達武将隊パフォーマンス

まずはご存じ伊達武将隊。

仙台城址や仙台博物館の最寄り駅は国際センター駅と大町西公園駅ですが、今回は大町西公園駅でのパフォーマンスとなりました。(実は管理人は生で見たのは初めて)

ここでは列車の中からホームのイベントを見る、という形式だったのですが、そこは流石人気の伊達武将隊。
他の駅のイベントに比べて、みんな食い入るようにホームを見ていました。

数年前から真田幸村も伊達武将隊に加わったと聞いていましたが、2016年は大河ドラマ・真田丸も放映されるため、今後は更に活発なアピールが行われるのではないでしょうか。


仙台駅の様子:

仙台駅での開業イベント

JR線、そして仙台市営地下鉄の2路線が交わる仙台駅では、楽天イーグルス・ベガルタ仙台・仙台89ERSのマスコットも参加しての、開業祝賀イベントが開催。
写真は奥山仙台市長と本間ちゃんです。

ちなみに、奥山仙台市長も本間ちゃんも、私が乗車した第一便に一緒に乗車していました。

六丁の目駅:

六丁の目駅での野菜配布

六丁の目駅では、なんとJAの方による野菜の配布が行われました。
※私が頂いたのは、六丁の目駅から程近い七郷で取れたお米と玉ねぎ、人参がセットになった「カレーセット」

他の方に伺ったところ、ネギなどが含まれた別のセットもあったようでまさに太っ腹。
大変有り難く頂きました。

国際センター駅:

国際センター駅での開業記念パネル

ここまで紹介した以外でも、楽天イーグルスのチアパフォーマンス・アンパンマンの乗車・藤崎のファッションショー(恵比寿様の絵馬配布もあり)・卸町の演劇など様々なイベントがありましたが、国際センター駅では、羽生結弦選手や手倉森監督など、仙台にゆかりのある著名人からのメッセージが掲載されていました。

この記念ボードは今後も設置され続けるかは分かりませんが、東西線開通後も掲載され続ければ面白いと思います。

※なお、羽生結弦選手繋がりで、ホームリンクである泉区のアイスリンク仙台の記事を書きましたので、宜しければ以下も合わせてご覧ください。


八木山動物公園駅を出発〜車窓からの風景

広瀬川を渡る

東西線の路線において、地上に出るタイミングは、竜の口渓谷を通る部分と、国際センター駅を出て広瀬川を渡る部分の2回しかありません。

しかし、個人的にはそのいずれも景色がとても綺麗な場所だと感じました。
特に広瀬川を渡るタイミングは季節によっては芋煮会などの様子を見ることが出来る場所で、風流な眺めとなります。

なお、詳細な路線図は以下の記事に書いていますが、八木山動物公園駅〜荒井駅を通る地下鉄東西線は日本で最も高低差のある路線です。
このため、乗車後に地上に出ると、山の上と海に程近い平地の違いもあり、空気が違うなと感じました。


車内の様子・乗り心地など

ここまではイベントなどを主に紹介してきましたが、次は車両の乗り心地などについて書いていきます。

仙台市地下鉄東西線座席

イベント中に本間ちゃんも言っていましたが、発車の際はリニアモーターの恩恵なのか、車両がスルッと走り出すため振動はあまり感じません。

なお、↑は座席の写真ですが、席下にスペースがあるのと、前に向かって少し傾斜があるので足を投げ出しにくくなっているのが特徴と紹介されていました。

また、駅においてもホームと車両の距離が短いため、高齢者や障害者の方でも乗り降りしやすいのもポイントだと思います。

ただし、路線の中には元々懸念されていた直角に近い曲がり角がいくつかあるため、特に仙台↔宮城の通り、薬師堂↔卸町間はガクっと振動する箇所がありました。
また、駅間によってはスピードの出る区間と出ない区間で差があるなとも感じました。

社内表示パネル

車内のトレインビジョンはこの日は未使用。
詳しくは次回の車両基地見学の記事で触れますが、停まる駅までの所要時間や乗り換えなどが表示されるようです。

次は荒井車両基地の見学ツアーです

イベント列車での様子はここまでとなります。

次回は最終回として、イベント列車乗車後の、荒井車両基地見学ツアーの様子をお届けします。

列車を間近で見たり、運転室に入ったり、電車の車輪を覗いてみたりなど盛りだくさんの内容でお送りしていく予定なので、ご期待ください。

前回:


次回:


スポンサーリンク