仙台市地下鉄東西線 国際センター駅、八木山動物公園駅レポート

仙台市地下鉄東西線に市民記者として乗車してきました

今回も、前回の荒井駅の紹介に引き続き、市民記者として体験してきた11/22の仙台市地下鉄東西線 WE STAGEのレポートをお届けします。

今回はイベントの出発地点となった国際センター駅と、西の始発駅である八木山動物公園駅での様子をお届けします。

スポンサーリンク

国際センター駅周辺の様子

仙台市地下鉄東西線・国際センター駅は、仙台国際センターの裏手に位置する駅で、広瀬川に面した場所にあります。

仙台市地下鉄東西線国際センター駅

駅舎は地上2階地下1階建てで、全面ウッドテイストなとても綺麗な内装になっていました。

2階にはイベントスペースやテラスが設置されており、トイレも1階と2階それぞれにあります。

なお、当日は仙台国際センターまでバスを使って行きましたが、このバスルートは、仙台駅〜青葉通り〜大町〜西公園・・と地下鉄の真上を通るルートであるため、地下鉄の開通後は路線再編により廃止される予定となっています。

駅の場所:

国際センター駅と開業イベント

当日開催された開業イベントでは、仙台市の民放局やNHKなどTV局のゆるキャラが勢揃い。(意外と珍しい光景?)

開業イベントでは奥山仙台市長の挨拶、千葉直樹選手など参加者の挨拶、キャラクターとの撮影会などが行われ、その後駅舎2階のイベントスペースにてステージが始まりました。

一方、市民記者はそれぞれが乗る地下鉄の時間に合わせてバスに乗車し、一路、八木山動物公園駅へと向かいました。

テラスから広瀬川と西公園方面を望む:
国際センター駅の線路

八木山動物公園駅周辺の様子

八木山動物公園駅パーク&ライド駐車場

さて、国際センター駅からバスに乗車し、川内〜青葉山といった東西線の沿線を道なりに辿り、仙台城址を経由して八木山動物公園駅に到着です。
ここ八木山動物公園駅では、↑の写真のパークアンドライド駐車場が既に完成していました。

この駐車場にバスが停まり、ガイドの方に引率され、駅に降りていきます。
なお、八木山動物公園駅は、以下のマップの通り仙台市八木山動物公園の目と鼻の先にあります。

駅の場所:

八木山動物公園駅構内2.jpg

八木山動物公園駅構内

駅構内の様子です。
パークアンドライドの最寄り口となる西1出入り口はエレベータがありますが、改札までは最も遠い入り口でした。

駅は八木山動物公園をモチーフとしているため、改札前の駅の天井には鳥が、壁面には一時期話題になったパンダでは無くスマトラトラのモザイクがはめ込まれていました。

八木山動物園は、国内初の繁殖事例も数多くある動物園で、今後は、「冷凍動物園」などの研究に直結する機関も設置される予定ですが、地下鉄東西線の開通で人気が高まれば嬉しい限りです。



また、次回詳しく紹介しますが、WE STAGEではその駅にゆかりのある団体によるイベントが開催されました。
八木山動物公園駅は、八木山が地元となる東北工業大学のチアリーダー部のパフォーマンスが披露されました。(改札前と駅のホームでの披露)

仙台市地下鉄東西線 イベント列車に乗車

イベント列車に乗車します

さて、以上で駅の紹介レポートは終わりとなります。

次回は荒井駅までのイベント列車内の様子や、地下鉄の乗り心地などのレポートを予定しています。

前回:


次回:


スポンサーリンク