コストコの立川への出店は中止?その理由について

立川のコストコ出店計画は中止?

立川へcostco出店の噂は本当か

立川市にコストコが出店する噂が立ってから久しいですが、IKEAが開業1周年、ららぽーとも2015年秋のオープンを控えているという状況がながらも、その後に出店に関する有力な情報は出ていません。

立川市議会において、多摩モノレールの立飛駅近くにコストコ進出の話が取り上げられたこともあり、根も葉もない噂というわけでは無いと思われますが、今回は今後コストコが本当に立川へ出店するか、もしくは中止になるのかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


コストコの魅力

倉庫型店舗コストコ

まずはコストコの魅力について簡単に述べたいと思います。

コストコとは会員制の大規模倉庫型店舗であり、品揃えがグローバルかつ価格がリーズナブル・ビッグサイズなことから、買い物が楽しめる場所として芸能人からも人気があるお店。専門的なサービスも備わっているので、食糧を初めとした家庭用品だけでなく、オフィスの備品なども買い揃えることが可能です。

会員になるには4,000円程度の年会費が必要にはなりますが、インターネットでも申し込みが可能なので、時間があるときに会員になっておけば、店頭で会員証の発行に時間を要する必要がありません。(法人の場合は3,500円)

なお、世界に点在している店舗は数百箇所(年中無休)で、会員証を持っていれば世界中のコストコを利用することができ、コストコ会員には、全商品の保証・サービスに満足いただけない場合は年会費も全額返金される、という2大保証がついており、

立川のコストコ出店計画が中止と考えられている理由

さて、ここからはコストコの立川への出店の話題に戻します。

出店中止が噂される理由としては、主に以下の2つが挙げられると思います。

1つ目は車での来店をターゲットとしているコストコと、立川の弱点である貧弱な道路交通網がマッチしていないこと。

IKEA 立川は中央線や多摩モノレールなどの電車での来店を想定した店舗で、配送も準備されていますが、コストコは主な商品が日用品であることから必然的に量も多くなり、さらには多くがビッグサイズ。そのため電車での来店は想定してないと思われます。

また、ららぽーとに関しても周辺渋滞が大きな課題として住民からも認識されているため、この道路交通網に関しては引き続き改善が求められると思います。


また、2つ目の理由としては、コストコの既存店舗が既に近隣に出店しているということ。

仮に立川店が出来るとしても、周辺に北に入間の、南に町田の店舗があり、車での来店ならわざわざ立川に行かなくても既存店舗の利用で済むという点があります。

このような目で見られていることにより、アナウンスなども出ていないにも関わらず出店の中止の噂が一人歩きしている状態であると考えられます。

元からある商業施設や、主にまだ貧弱である道路交通網の影響などを見極める必要があり、表に出ないことを考えると話は着々と進んでいるわけではなさそうですが、決してコストコのオープンが中止になったというわけでは無いと思われます。

※ですが、出店自体も正式アナウンスは無く、検討段階の現在では中止も何も無いですが..

しかし、コストコは幅広い集客率を持っており、前述の道路事情の解消がされて仮に立川にオープンすれば、ららぽーとなどの周辺の商業施設との相乗効果により、更なる集客が望めるはずです。


日本最大級といわれているショッピングセンターは越谷レイクタウンですが、コストコの力により、立川市が日本最大級のショッピングセンターになり得る可能性は十分にあるため、今後の展開に注目すべき話題と思います。

スポンサーリンク