立川 カレーレポート その5 フルバリ(Ful Bari)

管理人の立川カレー批評 その5

今回も管理人が訪れた、立川近辺のカレー店のレポートを掲載します。

今回のレポートは立川駅北口から徒歩5分程にあるお店、フルバリ(Ful Bari)になります。

累計訪問回数: 1回

※お店の選定基準については、立川 カレーレポート その2 マサラカリー レインボウスパイスに掲載していますのでそちらをご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

インド・ネパール料理 フルバリ(Ful Bari) レポート

 

 

立川駅北口を出て伊勢丹脇のペデストリアンデッキを進み、途中のエスカレータを降りる。そして右手にまっすぐ進むと1Fが居酒屋のビルがあり、その2階が今回紹介するフルバリ(Ful Bari)。立川駅北口からは約5分ほどの場所です。

 

今回は、土曜の昼に訪れたこのフルバリ(Ful Bari)のランチメニューを紹介したいと思います。

 

フルバリ立川入り口

会計にはクレジットカードが使える模様。

 

オススメできる点

店内は休日のせいか親子連れでいっぱい。入れなさそうでしたがちょうどテーブルが1席空きなんとか入店。

なお、店内はカウンター席が全く無く、全席テーブル席なので、そのせいかお店が少し狭く感じました。

 

ランチメニュー

 

アルコールメニュー

 

↑がランチのメニュー表 & アルコールのメニュー表。インド・ネパール料理店とだけありこのインドとネパールの酒が多し。(メニューは税込み価格での表示)

今回は1,250円のフルバリスペシャルセットを辛さは普通で注文。
※写真のメニュー表は2015年1月のものとなります

 

なお、日本人とインド人(と思われる)の店員さんはテキパキしており、自分は割と好きな外国人料理店特有のゆるい雰囲気は全く感じられませんでした。(おそらく普段から混んでいるからなのかな、と思いました。)

 

チキンティッカとシークカバブ

 

スペシャルセットでまず運ばれてきたのはチキンティッカとシークカバブという肉料理。これらはインド料理とのこと。

 

初めて食べましたが、なんというか見た目通りの味。どうやらカバブも鶏肉のようです。前述のとおり、コースの辛さは普通でしたが、全く辛くはありませんでした。

 

この後出てくるサラダとラッシーは両者とも特に目立った特徴は無い普通のメニュー。しかし、PANAS(パナス)のときも思いましたが、インドカレー屋はやけにサラダにドレッシングをかけてきます。

 

ナン&野菜&チキンカレー

 

次はメインディッシュのカレー&ナン。カレーはチキンカレーと野菜カレーです。

チキンカレーはまろやかな甘みがある感じで少し辛みのある野菜カレーとの組み合わせはGood。しかし、チキン自体の大きさが少し小さく、また2個しか入って無かったので残念。

野菜カレーの野菜はインゲンのようなものと、カリフラワー、人参などが入ってました。

 

なお、写真のとおり、ナンは他店のように皿ではなくバスケットに入っており、これは非常に食べやすかったです。

 

おかわりライス

 

お変わりライスは普通の白米。量は多めでナンと一緒に食べれば夕飯は要らないくらいお腹いっぱいになります。

 

デザートメニュー

 

デザートはココナッツの入ったヨーグルトをフルーツにかけたもので、さっぱりした甘さが特徴的でした。

なお、店内のにおいはきつくなく、においの服へのつきにくさはPANAS(パナス)以上だと感じました。

 

注意点

不満点といえば店内の狭さと店全体から漂う急がしさでしょうか。

カウンター席がなく私のように一人で訪れてもテーブル席のみで、更に隣のテーブルとの席も近い印象を受けました。

また、カレーの種類もPANAS(パナス)のランチメニューに比べると少ないです。

 

ただし、立川北口という中心地の立地を考えると家族連れや知り合い同士、カップルでの利用もしやすいですし、料理やコスパに関しても及第点だと思います。

以上です。

 

スポンサーリンク