再開発が進む立川基地跡地。立川相互病院が新築移転など

立川基地跡地とは何か

「立川基地跡地」とは、第二次世界大戦後に米軍が駐屯していた立川基地の跡で、元々は立川飛行場という名称で陸軍の飛行場として1922年に建設されました。

付近には飛行機の工場も複数点在していたことから、空襲の際には米軍の戦闘機から目標にされた場所でもあります。

今回の記事の内容は、現在計画がされている、この立川基地跡地の再開発の話題になります。

スポンサーリンク

立川基地跡地は、東京都の立川市から昭島市にまたがるように存在しており、部分的に段階を経て1977年(昭和52年)には日本への全面返還が完了しました。

跡地の多くは開発が進み、西側の地域は1983年(昭和58年)に国営昭和記念公園に生まれ変わり、中央の地域には、海上保安庁や東京消防庁、警察署などが並ぶ「立川広域防災基地」が建設されました。

東側の地域には、立川市役所やオフィスなどが建設され、JR青梅線中神駅から立川基地まで延びていた「引き込み線」と呼ばれる線路のレールは撤去され歩道になりました。

そして、その付近にあった「ランドリーゲート」と呼ばれた、米軍兵の衣類などを洗濯する工場があった場所のバス停の名前は「富士見通り」と改名されるなど、「立川基地跡地」であった姿は着々と消えようとしています。

なお、この立川基地跡地の近くには陸上自衛隊立川駐屯地があり、ここでは以前記事を書いたエアハイパーレスキューが配備される場所でもあります。(→エアハイパーレスキュー創設。立川市に部隊が設置)

立川基地跡地の利用予定

立川基地跡地の中でもJR青梅線の東中神駅の北側に広がっている地域、この一帯はつい最近まで、旧日本軍や米軍の使っていた住居跡のような建物や工場跡、空へ何本も延びる煙突のある建物、航空機のエンジンテストをする建物などが返還から20年以上も放置され草や樹々が生い茂り、まるで遺跡のように数多く残されていました。

そのため、一部の廃墟マニアには「保存しておきたいような場所」となっていたようです。

この一帯の利用予定はまだ決まっていませんが、2017年に向け、立川の清掃工場が移転新築予定で、この立川基地跡地が候補の1つとなっています。

IKEA南側に新築される立川相互病院

商業施設、学校と共に。

昭和記念公園を挟んで東側にある基地では、返還された基地の土地部分の再開発が続いており、現在進んでいるのは、立川相互病院の移転計画です。

立川相互病院は、現在は立川駅南口にありますが、この立川基地跡地(ちょうど現在のIKEAの南)の部分に、2016年12月に移転新築がされると発表されています。

新築される病院の規模は、床面積が延べ約2万1450㎡、病床数は約350床を予定しており、24時間態勢の大病院となる予定です。

病院の他には、薬局や事務所(壽屋本社ビル)、専修学校(大原簿記法律専門学校立川校)、駐車場や飲食店、小売店などを含む複合施設として生まれ変わる予定で、前述の通り、IKEA近くのサンサンロード沿いとなるため、JR立川駅や多摩モノレール立川北駅からのアクセスも良好です。

中でも事務所として複合施設内に入る株式会社壽屋は、以前第一デパートに入っていた、フィギュアやプラモデルなどを取り扱う直営販売店をここで復活させるという発表をしており、世間のプラモデルファンから期待が高まっています。

立川相互病院建設中の様子:
立川相互病院建設中

もちろん、既存のIKEAや、現在オープンに向けて準備が進められているららぽーと立川立飛(→ららぽーと立川立飛が2015年秋に開業予定。周辺へのアクセスを考える)が近くに立地するため、お見舞いなどに訪れた際に一緒にこれらの施設も訪れることが可能なこともあり、相乗効果も期待できると思われます。

スポンサーリンク