立川南駅で観光特産品イベント・たまのたまもの5市駅伝マルシェが開催

たまのたまもの5市駅伝マルシェが立川南駅で開催

現在、たまのたまもの5市駅伝マルシェというイベントが、多摩モノレールの立川南駅で行われています。
※2015/6/7まで

今回、管理人が日野市のイベント期間に立川南駅近辺に行く機会があったため、訪れた感想や各市の観光や特産品などのPRについて少し考えを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


まず、今回のイベントについて、立川経済新聞の記事を以下に抜粋します。

多摩都市モノレール(立川市泉町)が八王子市、日野市、立川市、多摩市、東大和市の沿線5市と協働して行う同マルシェ。

期間中、駅伝方式で各市の特産品や地産野菜を販売し、観光スポットなど地域の魅力をPRしていく。

トップバッターは八王子市(5月12日~14日)。「道の駅八王子滝山」(八王子市)が出店し、同市の農産物や銘菓、名産品などの販売を行う。
以降、日野市(同17日~21日)が、同市産野菜を使用した「焼きカレーパン」や新選組関連の物産品などをそろえるほか、立川市(同22日~27日)は、新鮮な採れたて野菜や観光協会推奨認定品、姉妹都市・長野県大町市の地酒や特産品などを販売。

多摩市(同29日~30日)は、同市の土産物「桜ぽるぼろん」や友好都市・長野県富士見町の特産品などを用意するほか、観光PRビデオの放映も予定する。

東大和市(同31日~6月7日)は、同市の観光キャラクター「うまべぇ」グッズや、陶芸、さをり織り、焼き菓子などのほか、友好都市・喜多方市の特産品(6月6日~7日)もそろえる。

引用元: 立川で「たまのたまもの5市駅伝マルシェ」 沿線5市の魅力をPR: 立川経済新聞

日野市の焼きカレーパン

今回のイベント・たまのたまもの5市駅伝マルシェですが、多摩モノレールの立川南駅の改札を出てすぐのところで開催されています。

JR立川駅南口に繋がるルートにあるので人通りはそれなりに多いのですが、職員の方が声がけをしているのですが、あまり人が立ち寄っていない印象を受けました。

日野市カレーパン

さて、今回管理人が購入したのは一押しとして販売していた日野市のベーカリーモリのスパイシージャワカレーとカレーフランスの2つ。
甘めとピリ辛の二つを販売していましたが、ピリ辛のものを購入。

味の感想としては、特にカレーフランスがジャガイモなどの野菜がごろごろとして大きいものが入っており、コンビニやスーパーなどで売っている一般的なものとは違うカレーパンでした。

なお、日野市はカレーパンが有名のようで、「日野にはうまい焼きカレーパンがある!!」と題して観光協会では宣伝を行っています

日野市のゆるキャラエコアラさん

ちなみに、日野市のゆるキャラ・エコアラさんもいたので写真を一枚。
ちょうどこの時は、昭和記念公園のまんパクがとても混雑して行けなかった日でもあり、ずこずこ帰るのもなんかもったいなかったところでしたが、カレーパンを買えたので満足。

しかし、どうせやるなら立川北駅でやったほうが、まんパク帰りのお客さんを捕まえることができるので効果的だったのでは?とも思います。
まあ既に昭和記念公園から帰ってくる時は、誰しも満腹だと思うので、それほど食指が動かないかも知れませんが..

各市の特産品PRについて

地方ではJRと自治体が共同でデスティネーションキャンペーンなどの観光施策を行ったりするなど、観光業を盛り上げようとする動きが活発ですが、それに比べると、東京都の各市は地域のPRがあまり行われていない傾向にあるように思えます。

※勿論、人口の少ない地方では観光業で人を集めないことには成り立たないという事情はあると思いますが

本ブログでは以前、立川市のお土産物について取り上げた記事を書きましたが、記事を書くために色々リサーチをするこ
とでようやく立川のお土産や特産物を知ることができました。(→立川のお土産って何だろう?ルミネでも買えるオススメ品を徹底比較!)

観光で人を集める性質で無い町や市にとって、特産品をPRすることは意外に難しいことと思いますが、今回のイベントのような地道な努力で認知度を広めていくことが大事かもしません。

スポンサーリンク