カフェレビュー 玉川上水・矢場Cafeバル

玉川上水 矢場Cafeバルの感想

店内から見た外の風景:
店内から見た風景。桜が綺麗に見えそう

今回は、管理人が玉川上水の矢場Cafeバル(やばカフェ)のランチを利用した際の感想をお届けします。

なお、以前の記事でも少し触れましたが、この矢場cafeバルは、名古屋のセルフカフェ「やば珈琲」の都市型店舗で、この玉川上水の店舗が首都圏第一号の店舗となります。

スポンサーリンク

土曜昼のランチメニューを注文

矢場Cafeバルに着いたのはちょうど13:00頃。天気が良い土曜日の遅いお昼どきした。

玉川上水までは立川方面から自転車で行ったのですが、お店の近くにはいくつかの臨時自転車駐車場があるので、そこに停めることができました。

入店したら、ランチメニューを利用するかしないかを聞かれ、ランチメニューを利用する旨を伝えると、冒頭の写真の窓際のテーブル席に案内されました。

ここからはバスロータリーに面した風景が良く見えるため、季節が合えば桜も眺めることができます。

なお、土曜日にも関わらず店内は意外と空いていましたが、ちょうどランチのお客さんと、午後のカフェのみ利用するお客さんが居ないような時間だったためと思われます。(14:00を過ぎてくるとカフェのみの利用のお客さんが増えてきたように思えました。)

3月日替わりランチメニュー

ランチメニューは↑の画像の通り。メニューは月替わりのようで、今回は日替わりランチ(ライス大盛り無料 880円)をオーダー。

なお、この日替わりランチは、+50円でライスの代わりにバケットが食べ放題になります。

ルイボスティがサービス

ランチを注文すると、ダイエット効果や二日酔いに効果がある(とメニューには書かれている)ルイボスティがサービスで1杯貰えます。

このルイボスティと、コーヒーおよび紅茶は、ランチメニューを注文するとおかわり自由(セルフサービス)で利用できます。

3月の日替わりランチ土曜日

この日の日替わりランチは、魚(イトヨリ)と骨つきチキンがメインでボリュームは十分。

骨つきチキンはあらかじめ切れ目が入れられており、ナイフとフォークでも食べやすくなっていました。

なお、日替わりランチは10分以内にお届けされないと、料金がなんと無料になるとのことですが、私が注文したときはわずか3分くらい出てきました。

デザートメニュー

この日は、ランチ後にデザートも注文。

デザートのメニューは5,6種類くらい(それぞれ\500ほど)で、今回は甘みが抑え目らしい季節のフルーツとアイスを注文。

なお、メニューは以下のような夜のコースメニューと、ワインのお店だけあり多数のアルコールメニューがあります。

コースメニューもあり

矢場Cafeバルの特徴について

今回の玉川上水 矢場Cafeバルのレビューは以上となります。

ランチメニューは値段もそこそこでボリュームは十分、一部ドリンクは飲み放題なのでランチ後も比較的ゆっくりできるのが特徴です。

また、景色も良くアルコールメニューも豊富なので、夜桜をゆっくり楽しむなんてこともできそうです。

なお、矢場Cafeバルのメニューや店舗の特徴については、玉川上水に矢場Cafeバルがオープン。首都圏初出店のやば珈琲の特徴 にまとめていますので、宜しければこちらも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク