YouTubeの音量が小さいファイルの音を大きくする方法

YouTubeのファイルは音量が小さい場合がある

YouTubeからダウンロードした音声ファイルは、通常のCDからインポートした曲を比べると明らかに音量が小さい場合があります。

CDはプロが編集しかつマスタリングした音源で、それを圧縮した後にアップロードしたものがYouTubeのファイルとなるので差があるのは当たり前ですが、アップロートする人の違いで明らかに音の大きさが小さい場合があります。

 

スポンサーリンク

 

その解決方法として、YouTubeからダウンロードしたファイルの音を、自分でリマスタリングする方法があります。

 

具体的には、作曲やDTM・音声編集などで使うフリーまたは有償の波形編集ソフトを使って、音の大きさ・密度(音圧)を上げる作業を行っていきます。
編集作業は、ソフトに付属のコンプレッサーやリミッターなどのエフェクトを使っていきます。

 

以下に私が行った手順を、パラメータを掲載した画像と共に載せます。

なお、今回はSONARを使って簡易なリマスタリングを行っています。
エフェクトは、一部を除いてSONAR付属のものを使用しています。

本当は、YouTubeからダウンロードしたファイルを使ってリマスタリング前後の音の大きさを比較したいところですが、権利的なものなどがあるので、パラメータだけを載せています。

 

YouTubeの音量が小さいファイルの音を大きくする方法

それでは、ここから音量をあげる作業を行っていきます。
なお、下に進むにつれて難易度が上がって面倒になっていくので、ここまででいいかな..と思ったらファイルをエクスポート(出力)し、mp3に変換して作業を終えても構わないと思います。

※エクスポートはCD音源と同じ 44100Hz 16bitの設定で行います。

 

1. YouTubeの音声ファイルを.wav形式でダウンロード

YouTubeからファイルをダウンロードします。(ダウンロードする方法は割愛)
この際、音声ファイルは.wav形式でダウンロードします。

mp3でも良いですが、mp3は元々圧縮されたファイルのため、今回のような作業では圧縮前のwav形式のファイルを編集します。

 

2. ファイルをノーマライズする

オーディオトラックに音声ファイルをドラッグして、ノーマライズします。
読み込ませた段階で波形が小さい場合、それだけ音量(音圧)が低いということなので、「ノーマライズ」という音量を最大化する処理を行うだけで、音量が大幅に大きくなります。

 

youtubeの音声ファイルをSONARに読み込んだ

 

3. エフェクトをセットする

以下の画像はノーマライズ後にリミッターのエフェクトをMasterに挿して波形の大きさを確認したものです。

 

リミッターで音量を上げた状態

パッと見た感じだと、波形に隙間があるため、まだまだ音圧を上げられそうです。

なお、ファイルの一部の音が大きく、他が小さい場合、リミッターのBOOSTのメモリを上げていくだけでも十分な効果が得られます。(音量のMAXから飛び出た部分は自動的に調整されるので)

 

ここからは、リミッター以外のエフェクトをかけていきます。

以下、実際に使用したエフェクトとパラメータ例を載せています。
なお、パラメータは場合によって微調整する必要がありますので、今回の値は一例になります。

 

オーディオトラック

音声ファイルをセットしたトラックに設定するパラメータとエフェクトの例です。

音量: -16.6に設定
エフェクト: イコライザ→コンプレッサーの順番でセット

 

イコライザで周波数をカット

 

コンプレッサー
 

Master

各トラックの出力先となるマスタに設定するパラメータとエフェクトの例です。

音量: -0.2
エフェクト: リミッター
 
リミッター

 

4. エフェクトをセットする・応用編

エフェクトを更に追加して音量(音圧)をあげていきます。

 

Master

エフェクト: マキシマイザー(Vintage Warmmer)

 
マキシマイザー

 

Bus(オーディオトラックにセットでも可)

音声ファイルによっては、音の広がりが無い(反響していない)場合があり、その場合はリバーブを加えます。

音量: -23.1
エフェクト: リバーブ→イコライザ→コンプレッサーの順番でセット
備考: リバーブはToraverbを使用していますが付属のものでも構いません。コンプなどをかけている理由は、リバーブ音を若干後ろに引っ込ませるためです。(詳しくは別記事で)

 
リバーブ

 
イコライザ

 
コンプレッサー

 

まとめ: 終わりに

編集方法は以上です。

エフェクト類に関しては、音源自体が一度マスタリングされているものなのであっさりとしかかけてません。

手順はちょっと面倒ですが、冒頭に上げたとおり、YouTubeからダウンロードしたファイルは音声の小さいものが多い場合があるので、一手間かけるとより聞き易い満足できる音源になります。
気になる方は是非試してみてください。

 

使用ソフト・プラグイン:
SONAR X2
LP64-EQ
Sonitus:fx Compressor
Boost11
Toraverb
PSP VintageWarmer2

 

スポンサーリンク